人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 31日

熊野の旅 想像以上に・・・ 新・鬼ヶ城センター

 昨日、管内視察で鬼ヶ城に建設中の「新・鬼ヶ城センター」を見てきました。
 工事が完成に近づき、内装もかなり出来ているので、「店」としての姿が出てきました。
 
 最初にパースを見せられた時。「ごちゃごちゃして使いにくそう…」「公費が嵩みそう…」「収納部分が無い!」と感じそれも口にしましたが、「まだ、決定していない」と言われ、もう少し具体化してからは、おえらい「堀さん」の洗脳にあっているのか丸で私などの言うことは取り合う気無し…
 
 タイトルに、「想像以上に…」と書いたとおりなんです。
 本当は「想像を絶する…」にしたいのですけどね。
d0045383_87927.jpg

 一部、ブルーシートで隠れていますが、これが観光客が目にする外観です。
 旅館ではありません。
 要するに、観光地の土産物屋と食堂なんです。
 すごいでしょう?
 10億を超す金を放り込んだのですからね。
 南海電鉄が投げ出した「鬼ヶ城観光」を武士の商法でやろうというのです。
 建物は熊野市の所有、営業は「熊野市ふるさと振興公社」なんです。
 だからこんな大金を放り込めるのです。

 ここは、先日取り上げた「旧・栃尾邸」の持ち主だった、「笹九本店・栃尾家」が開発や運営に関わってきました。
 そこの商標・家紋は山の下に丸に十の字…島津さんの様なものです。
 それを受け継いだのかどうかは分かりませんが、この建物の窓には「丸に十」の飾り窓が…
 昭和の初めとか大正時代じゃあるまいし…
d0045383_8225353.jpg

 ここに関しては数日掛けて書くことになると思います。
 入り口は、これまた旅館風で「どんどんお入りなさい…」と言う物ではありません。
 右側が「入り口では無く「玄関」です。
 そして、入り口」、玄関の天井が異常に低い…
 これは、「天井を低くすることで密度が向上する!」のだそうです。
 「堀さん流」の理屈のようです。
 その先の構造も「お綱茶屋」以上に歩きにくくすることで「滞留時間を増やして売り上げに結びつける」つもりのようです。
 とにかく、見たことも無いような店作りです。

 その先は…
 「私と市長の見解の相違」ではなさそうなのは、視察に行ったほぼ全員が不審に思いクレームを山ほど付けたのです。
 普通は完成に近づいた「立派なもの」を見れば「感心」が先にたって、具体的にクレームを口にすることは少ないのですかどね。
 「東大コンビ」と市民・国民とはずれているようです。
 霞ヶ関と同じ構図です。

 それに、ここは「イタリア国」のようです。
 「旧・栃尾邸」も「イタリア」に占領されるようですが、ここで売るのは「アイスクリーム」では無く「ジェラート系」らしいし…
 食堂も「鬼ヶ城」と少し違った「イタリア料理」が出そうです。
 今の市長が結んだ姉妹都市は「ソレント」です。
 昔の市長が結んだ「バストス」や「桜井」は駄目なようです。
 「バストス」は鶏と卵   「桜井」は素麺です。
d0045383_8373845.jpg

 気の利いた食堂?カフェ?
 その名も 「リストランテ マリーナ」 だそうです。
 ここも、「文化人」には褒めて貰えそうです。
 腹の減った観光客にはどうか分かりませんけどね。
 そして、ここにたどり着くのが一苦労…
 知る人ぞ知る…で良いのかな??
 でも、それに引き合うだけの「味」を出さないと…

 でも、設計は別にして「施工」は良いです。
 このややこしい、やりにくい物をきちんと仕上げてありますからね。
 維持管理や耐久性は設計の責任になりそうです。
 褒められるのはそこだけ???

    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-05-31 08:47 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/18880760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 ここは何所? 新・鬼...      熊野の旅 宣伝です ぐるり農園 >>