人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 28日

熊野の旅 旧栃尾邸解放 結果

 かなり強引に開放して貰った旧栃尾邸ですが、関心が高かったのでしょう。
 二日間、延べ8時間の開放で200人を越すような人が見に来られました。
 私も二日間は時々覗きに行き来場者の様子を眺めていました。
 女性が多いのにはちょっとびっくりしたのですが、市政などに興味を持たれる人の多くも来場されていました。
 買い取った現状のままで具体的な事業計画も決まって居ない状態、改修計画も今から、と言うことなので図面も説明も無しの単なる開放でしたが見学した人はそこそこ満足したようです。

 この家は旧家で知名度抜群なのですが、近代では具体的な商売をしていた訳でも無いし、当主の方も長年商工会議所会頭をつとめられましたがそんなに社交的な人でもなかったし…以外とこの屋敷に入ったことのある人は少ないのです。
 熊野市物産振興会を立ち上げて一緒に役員を務めた私も3回くらい応接間まで入ったことがあるだけですから…

 この屋敷の呼び方を「旧・栃尾邸」と公式に呼び始めたのは私で3月議会からです。
 その時に「個人名が入っている」と役所サイドでのクレームがあったのですが、「どこが悪い。ツアーデザインセンターも「旧奥川邸」と呼んで問題は起きていない」と突っ切ったのです。
 全国的のこうした物はそうした呼び方をしていますからね。
 「旧奥川邸」も私のブログで長年そう呼び続けて定着したようです。
 しかし、今回は少し反省しています。

 「旧栃尾邸」では無く「ササク本店」と呼べば良かったかなあ・・・と思っています。
 近年は「栃尾さん」でしたが、戦後しばらくまでは「笹久・ささく」でしたからね。
 由緒があり、代々「久兵衛」を継いできた家柄なのですから、本来の「ササク」で呼ぶべきだったかも知れません。
 公式に命名するものでは無いので呼び変えるのも大変です。
 三月市議会の一般質問をやり直す訳にも行きませんしね。
 それに、地元の人でも「ささく」を忘れていますからねえ…

 開放は成功でしたが、一般の人が気付かない問題も私も気がつきましたし、指摘もあります。
 それをどうするか…
 役所は最初に気付かず買った節もあります。
 機関誌「清流」で触れるか、6月の一般質問で触れるか…
d0045383_8342179.jpg


 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-04-28 08:37 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/18657294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 七里御浜 鯉のぼり      熊野の旅 連休 >>