LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 22日

熊野の旅 黒潮海童フェスタ

 市内磯崎町に「黒潮海童」という団体があります。
 地域ここ市の団体ですが、今年もイベントを行うようです。
 「第19回黒潮海童フェスタ」 と言う物です。
 5月5日
 会場は井内浦農村公園 ソレント広場
 野外ステージでも催し物とあさなぎ市、物産販売などがあるようです。
 早い時間に行けば新鮮根魚が売られていると思います。

 でも・・・
 難しいのは魚を買うと早く帰らなくては…
 連休中なので行事が多すぎるかも知れませんが出かけてみてはいかがですか?

 この「農村公園」は国の「中山間事業」で作った物で、場所は「元・熊野原発候補地」です。
 元の所有者は南海電鉄・高島屋系列の会社が所有していました。
 原発候補地返上の動きと同時に熊野市が買い取って熊野市民の賛同が無ければ動かせないようにしたものです。
 市に買い取らせたのは私は前回の市議当時です。
 最初、熊野市土地開発公社で買い取ったのですが、塩漬けになると利払いが永遠に続く開発公社から普通財産に変更するよう要求したのも私です。
 そこには財政上と手続き上のカラクリがあるから、本当に市民の手に渡すために行った処置です。
 今の金山のオレンジホテル跡地も同時に買い取った物です。
 高かったけど・・・木本の休憩に比べると目的と効果は格段に上でしょう。
 私は原発を葬るために立候補したのですから、市長自ら中部電力へ候補地返上の交渉に行ってもらう事やこの候補地の中核を国のご用化する大企業の所有から市民の物にするなど出来るだけの手は打ち、候補地としての地図上の丸印まで消させました。
 その後、この公園を作るのはいささか疑問があったのですけどねえ…
 それに、ここの広場がいつ「ソレント広場」になっちゃったのか…

 たしかに「ソレント」は姉妹都市らしいです。
 私が留守の間に姉妹都市が増えちゃったのです。
 ブラジル「バストス市」と奈良県「桜井市」が元からの姉妹都市でした。
 熊野や南牟婁出身の人が住んでいるのですが、バストスは地球の裏側なので中々交流はしにくいです。
 私は数少ないバストスに行ったことのある熊野市民です。
 「鶏」と「卵」の町なんです。
 最近、こっちでは「熊野地鶏」なんてやってますが、これとバストスとは関係ないですね。
 桜井市とも少し疎遠になったのかな?
 「そーめん」より「スパゲティ」の方が市長はお好みのようですから…
d0045383_9332930.jpg
 

     
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-04-22 09:33 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/18600970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 田舎の一杯…田舎の忙しい…      熊野の旅 見掛ければ撮りますが… >>