人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 13日

熊野の旅 農振地区 不便な物

 農地は守らなくてはならない。
 農業の振興は図らなくてはならない。
 そんな目的で色んな法律が作られています。
 農地を守るための基本は「農地法」でしょうね。
 随分変わってきて、株式会社でも農地がもてるとか、離れたところでも農地が買えるとか…
 それでも、素人が農地を買うのは色々と面倒なようです。
 職業の自由だと言っても「百姓」には自由になれなかったり…

 農業を振興するために作られたのが「農振地区」でしょうね。
 これに指定されないと、用水路だとか農道を作る補助金が付かない…
 そのために熊野市でも片っ端から指定しました。
 山の中の段々田んぼまでかぶせました。
 米の増産が叫ばれた時代はそれで良かったのですが、減反政策になり、さらに田舎の高齢化と過疎が進むと実態に合わなくなってきました。

 農地というのは他の目的には中々転用できません。
 厳しくなっていったのは、戦後の宅地分譲とかで「ディベロッパー」などという名前の連中が都市近郊の農地を埋めまくったこともあるのだと思います。
 田舎でもそんなのが見掛けたれたくらいですからね。
 おかげで、転用は厳しくなるし、さらに、「農振地区」なんてのに指定されていると動きが取れません。
 融通を利かせると骨抜きにされるのが世の常ですしね。

 農地の転用が出来ないと、家も建てられないし、広場も出来ないのです。
 指定地の除外やなんだという手続きも「市」だけでは出来ません。
 県知事の許可が要る…
 つまり、簡単では無いって事なんです。
 まあ、これに指定しておいて、農道だ用水路だ…なんて補助金を投入させたのですがあまり文句は言えないとも言えるのですけどね。
 金を使わせても20年も30年も経ってくると貰った側は忘れちゃうし…
 熊野市中で矛盾を抱えた「農振地区」が一杯あります。
 こんな地形のところでも農道という名の立派な道路を上の方に作って貰ったので今でも「農振地区」です。
 耕作されている農地の方が少ないくらいまで農業が放棄されても…
d0045383_8505739.jpg


     
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-04-13 08:53 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/18532895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 遅咲き山桜 小又      熊野の旅 熊野市は広い >>