LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 04日

熊野の旅 紀伊半島・南紀・熊野 立地条件

 昨日、某食い物屋でお客さんや店の人と話したこと…

 「熊野ってどうして活性化しないの???」という感じで始まったのですが…

 熊野とか南紀が日本の中で…世界の中でどう言う立場かを説明しました。

 神代の時代には「火之神」が生まれるほど大事な土地だったはず…
 でも、人間の世の中になってからは、平地も無いという条件から、豪族も強い野武士集団も大名も現れませんでした。
 せいじとか経済から見放されて「信仰の地」「神々の里」になりました。
 勤惰になっても、さほど重要でも無いので、基地も駐屯地も出来ませんでした。
 太平洋戦争になっても、地図の上では太平洋に着き出しているのに、守備用の連隊や旅団どころか、大体すら派遣されず…
 戦後になったらどうせ人もいないところだから…と、原子力発電所の候補地にされました。
 次は、東海地震より早い可能性とでかい可能性が大きくても、東海地震優先で国が動きました。

 このように、なんと言おうと、日本国の中でこの辺は「重要では無い」土地なのです・

 そして、「世界遺産」がすごいように言うけど…
 「松本峠」と「シーザーの歩いた「アッピア街道」が同じだと思えますか?
 「大吹峠」と「万里の長城」…
 「那智の神社」と「パルテノン神殿」や「ピラミッド」

 「あんたらよそに住んでいたらここへ来る? 旅費なんかは変わらんで…」
 と聞いたら…
 全員口をそろえて、「よそへ行く!」と答えました。
 これが現実なんです。
 建前やきれい事でごまかし続けていますね。
 隙間的にがんばって、細々と食って行くのがやっとでしょう。
 寂しいことを言うのでは無く、やっぱり現実なんです。

 この辺の海岸より、エーゲ海は綺麗でした。
 姉妹都市のソレントの海も綺麗でしたよ。
 那智の滝よりイグアスの滝の方がすごかったです。
 「良いところ」なんですが…
 地球が狭くなっちゃったので年に一回しか旅をしないとすれば一生でせいぜい50カ所なんです。
 私だって、まだ、トルコに行きたい、エジプトも、ビルマも、カンボジアも、ネパールも…
 ベトナムだってもう一度行きたいし…
 那智山よりはモンサンミッシェルの方に行きたい…
 これって、おかしいですか?
 世の中の「普通の人」の多くがそうだと思いますよ。
 「文化人」の考えは分かりませんけどね。
d0045383_7181059.jpg


     
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-04-04 07:19 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/18475619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 紀伊半島・南紀・熊...      熊野の旅 「清流」 18号より >>