LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 17日

熊野の旅 一般質問の中身 4 民業圧迫

3.公金投入での民業圧迫は市民のためか?
 平成25年度一般会計予算でも見られますが、公金・税金を投入して民間企業と競合する施設を作り営業しようとしています。
 雇用の創出などと言いますが、投入する額からすると本当にそうなるのか疑わしいこともあります。
 さらには。新・鬼ヶ城センターの宴会場や旧栃尾邸でやられるとか聞き及ぶテイクアウトとかカフェなんてのはその典型では無いでしょうか?
 営業に力を入れないと赤字になる、努力して集客すれば民業圧迫になる…
 パイはさほど増えません。むしろ減少する傾向でしょう。
 この事実をどう考えているのでしょうか?

 これも以前から取り上げていることですが、市長は「株式会社熊野市役所」とか「株式会社熊野市」と言う表現で事業を直営、もしくは準直営で行おうとしてきています。
 民間ではとてもつぎ込めない金をつぎ込んで、減価償却も固定資産税も払わないで商売をしようというのです。
 もうすぐ出来上がる鬼ヶ城の「新・鬼ヶ城センター」も10億の金を放り込むことになります。
 「雇用創成」などと言いますが、そこで働くパートのおばちゃんの生涯給料は一億あるかどうか…
 作るお金で10人を一生町のために働いて貰えるのです。
 建物の維持とか補助金とかで更に何人も雇えます。
 赤字にならなくてもこんな事なのです。

 旧栃尾邸でも民間の実勢より高めと思われる価格で買い取って、さらに2500万円ほど放り込んで改装し「カフェ」とかをやるつもりです。
 それも、土日営業の趣味の世界です。
 多分受け皿も決まっているのでしょうが、そのグループを喜ばせて遊ばせるにしては大金です。
 テイクアウトの弁当を売ると言っても、旧栃尾邸のすぐそばに、民間で弁当を作って売るところが二軒あります。
 そこの弁当を売って上げるのではなく客の取りっこになるのが目に見えていますよね。

 鬼ヶ城の200人ほどは入れる宴会場も、放って置いたら使われることも少ないです。
 しかし、営業努力すれば中心部に残っている数件の宴会場を持っている業者から客を取り上げるのです。
 旧・鬼ヶ城センターでも宴会場が足を引っ張ったのは事実ですからね。
 それだけの宴会を行うにはスタッフが居るのです。
 仕事が無くても確保だけは…

 こんな調子で殿様商法がまかり通るのです。

 この質問の回答の中で少し問題発言があったのですが、後日話します。
 議会・全員協議会などがなめられた話です。
 当局の体質が出ていることです。
d0045383_941575.jpg


    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-03-17 09:44 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/18266652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 本日は予算委員会 更...      熊野の旅 熊野の旅 一般質問の... >>