LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 25日

熊野の旅 平成25年度の熊野市 2

 昨日の続きです。
 高速道路開通記念事業「高速開通!熊野!1億円キャンペーン」

4.カークラブ招待事業 128万円
  市外のカークラブ(日本車、外車)を招待し、山崎運動公園や記念通りなどで展示し、市内パレードを実施します。
  ※これには、テレビでやっているような「違法改造車」が来ないように要請しておきました。
   ターゲットののはっきりしない企画ですが・・・

5.高速道路ウォーキング開催事業 122万9千円
  開通前の記念イベントとして、開通前の高速道路でウォーキングを行います。
  ※どこでも行うやつです。
   これは完全に地元向け、市民向けの福利厚生部門でしょう。

6.平成の熊野古道マラソン大会開催事業 247万円
  開通前の記念イベントとして、開通前の高速道路でマラソン大会を行います。
  ※結構大きな予算を使いますね。
   目的がよく分からん…自己満足で終わらなければ良いのですがねえ。

7.ステージイベント開催事業 128万7千円
  開通前の記念イベントとして、鬼ヶ城周辺でステージイベントを開催します。
   ※それで無くても市長が駐車場不足を口にしているのに…

8.物産展開催事業 16万円
  開通前の記念イベントとして開催されるステージイベント周辺で、物産展を開催します。
  ※小さな予算ですね。
   それに、誰がターゲットなの???
   関係者以外鬼ヶ城まで出かけますか???

9.第九演奏会開催事業 248万9千円
  高速道路開通の喜びに対し、地元コーラス団体や都市部の楽団による「歓喜の歌」第九演奏会を開催します。
  ※さぞかし市民も歓喜の涙を流すでしょう。

10.高速道路交通安全講習会開催事業 8万5千円
  市民向けに高速道路の安全な利用方法についての講習会を開催します。
  ※言うほどのこと無し

11.挨拶運動おもてなし推進大会開催事業 169万6千円
  挨拶運動おもてなし推進大会を市民会館で開催し、挨拶運動を全市的に展開して、おもてなしの気運を盛り上げます。
  ※これって、本来は熊野古道の時に本格的にやるべきだったのでは?
   「熊野古道は遍路道…観光道路では無い」というのが私のスタンスです。

 ようやく1/4まで来ました。
 なにしろ1億円使うのですから…
 イベントのためのイベントにならないことを祈る気持ちになりますね。
 駅前完成イベントのこの花のイベントのように70万掛けたのにあったことも知らない人が多かったなんて事にならないことを祈ります。
 これも、主催者は至極満足していましたよ。

d0045383_856454.jpg


   
熊野市周辺地図です
 tabi

by je2luz | 2013-02-25 09:00 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/17886539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 2013年度の熊野市 3      熊野の旅 平成25年度の熊野市 >>