人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 17日

熊野の旅 -4℃

 昨夜酔っぱらいを送って国道42号線を飛鳥まで走りました。
 午前2時30分・・・飛鳥町小阪の温度表示は-4℃でした。
 一番温度の低い大又トンネルの所だとおそらく-6℃くらいでしょうね。
 一山越えれば黒潮流れる熊野灘が見えるのですが、盆地城に近い飛鳥はよく冷えます。
 昨夜は上天気でしたから放射冷却とやらで冷え込んだようです。
 この冷え込むことが、「高規格国道・尾鷲熊野道路」を作る口実の一つでした。
 産業だ資源運搬だなんて言っても高速を作るような理由にはなりませんからね。
 最初に企画された頃にはそうした理由だったのですが。3・11以来は「命の高速道路」なんて事のに看板が変わってはいますが…
 なにしろ、野球場でも体育館でも「命の…」なんて付ける時代ですから…

 このように海岸線を走る国道42号線でもそうなんですから、紀伊山地を縦断する国道169号、309号なんてのになるともっと大変です。
 山が険しく、終日日が当たらないカーブなんてありますからね。
 雪は降るし、雨が降れば凍るし、自然凍結なんてのもあるし…
 最後の立つが起きるのは-3℃から14℃が目安です。
 車外温度計のある車だと大体把握できるのですが普通の車だと国道の温度表示が頼りです。

 昨夜はまともにその圏内に入っていましたから特定区間は速度を落としました。
 これが地元ドライバーの強みですね。
 でも、地元でも突っ込むやつは居ます。
d0045383_10575287.jpg


   
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-02-17 10:58 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/17844676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野市と高専      熊野の旅 赤木城 藤堂高虎 >>