人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 10日

熊野の旅 初午 餅撒き文化

 今年の立春は2月4日、そしてその先の最初の午の日は2月9日でした。
 「初午」には「厄払いの餅撒き・餅ほり」があります。
 今式のイベントでも客寄せに「もちほり」をするくらいですから、厄払いの餅撒きは結構盛大です。
 女の子の19から始まっていろんな厄がありますね。
 まあ、盛大にやられるのは「女33」と「男42」そして「還暦」でしょうか…

 初午ウィークディは土曜日でしたがその家の都合で「餅ほり」が移動します。
 今年は三連休なのでほとんどはその間にやるようですけどね。
 昨日の本当の初午の日もあちこちであったようですが、たまたま情報が入って近くに居たと言うことで芝園であった個人の餅ほりの写真を撮りました。
d0045383_821164.jpg

 住宅街の空き地ですが、実にたくさんの人が集まっていました。
 42の厄だと思うのですが、申し訳ないですが、私には家の名前以外は判りません。
 集まっている人は近所ですから多分判っているのだとお思いますけどね。

 今日もあちこちであるそうです。
 この餅ほりはどう調整するのか知りませんが、なるべくぶつからないように時間をずらしています。
 もっとすごいのは、新聞に予定表が載るでも無いのに情報が結構広がっていることです。
 マニアと言えるような集団も見掛けられますね。
 私も今日は判っているところには撮影に出かける予定です。
 写真を撮りながらですから、広い手がエラーして目の前に転がってこないと拾えませんけどね。
 それに、餅は二・三個あれば十分です。

 と言うことで、神社でやることもあるし、お寺だったり、自宅だったり…
 餅撒き文化はまだ健在です。
 ただ…
 19の厄なんて子は減ってしまったはずです。
 還暦だらけなのかも知れません。

   
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-02-10 08:34 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/17800387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 こんな厄落としも…      熊野の旅 原発と熊野 >>