LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 04日

熊野の旅 写真家 田本研造

 あまり有名人では無いのですが、「田本研造」という写真家は熊野市神川町の出身です。
 明治開拓時代の北海道に渡り、ロシア流写真術を会得し数々の記録写真を残した人です。
 土方歳三なども撮影したのですが、写真家という物は影の存在です。
 それに、「ロシア式」と言うことで、イギリス流とかフランス流・アメリカ流のように本州でのさばることの無かった流派ですから余計も名前が売れることは無かったようです。
 向こうで写真家として身を立ててからはこちらの若い衆も呼んで仕込んだようで、その弟子が新宮に帰って写真館を開いていました。
 更にその弟子の弟子くらいが熊野で写真館をやっていました。
 その人が使っていたスリックの三脚を譲り受けて我が家にあります。

 神川の生まれで、生家の屋敷は看板も上げられて史跡になっていますがそれ以外は何も無いです。
 研造さん自身は神川を出て以来一度も帰ることは無かったそうです。
 便りはよく出していたようですけどね。
 と言うことで・・・
 「田本研造撮影の熊野」という物はありません。

 時代が明治初期ですから。「秋山庄太郎」「篠山紀信」なんて風に有名になることはありません。
 写真をやる人間でもほとんど知らないと言ってよい偉大な先人です。

 その遺作などを集めた展示会が始まりました。
 熊野市文化交流センターで24日まで開かれます。
 その後は3月16日~5月19日に尾鷲の県立熊野古道センターで開かれます。
 
 興味のある方はおいで下さい・・・
 と言うことです。
d0045383_9465827.jpg


    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-02-04 09:47 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/17758870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 鰯の季節      熊野の旅 失念していました 春... >>