LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 03日

熊野の旅 失念していました 春のお綱掛け

 昨日は花の窟神社春のお綱掛けの日でした。
 前夜は雨…
 天気予報では晴れるのは少し遅いという物でしたが早朝には上がって…
 暖かいし…

 なのに…
 カレンダーには何も書いていないし…
 のんびりしていましたが、お昼頃に…
 「花の窟神社におらなんだのう。」と言われて思い出したという始末です。
 春のお綱掛けはこの時期で寒さで出かけるのをやめることがあるくらいですが、昨日は暑いくらいだったのに…
 夜の宴会の会場でも。「どうしてこなんだん?」と聞かれましたし…
 すぐにスケジュールを忘れるので困ります。
 始まってきたのでは無く、昔からなんですよね。
 「こなんだん?」と言われるのも公務の方では無くカメラマンとしての方ですから気楽ですけどね。
 
 今日も上天気で暖かです。
 波田須辺りに行けば、土筆もふきのとうも出ているでしょうね。
 波田須は、「本州で一番暖か」とも言われるところです。
 西と北を高い山が立ちふさがって大陸からの風を遮断しているからです。
 斜面が険しくて住むにはあまり向かないのですが、眼下に海が光っているし暖かだし…
 急斜面ですから崩落さえ無ければ津波も登ってこないし…
 台風の風の当たりも少ないし…
 よそから来る人には魅力的な土地のようです。
 でも、現実は空き家だらけ…
 徐福さんでは有名になれませんから気候で売るしか無いのかも知れません。
 マニアと地元以外の人で「秦の徐福」を知っている人がどれだけあるやら…
 そして、見に来る可能性のある人は…
 青森の方でしたっけ、やたらと「大町系月」が説明に出てきたのですが、その「大町系月」を私は知りませんでした。
 「かの有名な…」なんてそんなものなんですよね。
d0045383_10365427.jpg
 
 
    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-02-03 10:38 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/17751556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 写真家 田本研造      熊野の旅 下がったの? サンマ丸干し >>