人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 30日

熊野の旅 微妙だけど・・・

 2013年の初日の出は全国各地微妙な状況のようですね。
 日本海から一番遠い、南紀の地はその中では一番期待が持てる所でしょう。
 午前7時、水平線方向に雲が無ければ良い訳です。
 でも、水平線上地球の丸みで上空10000mほどまでの雲が消えるところまで晴れることが、海面から日が昇る条件なんですよね。
 海面に光がすっと走る・・・
 中々見られません。
 普段を含めれば、冬場は一杯見られているはずなんですが、「初日の出」は一日だけですからね。

 それでも、一番期待できそうな場所が七里御浜です。
 初詣と兼ねて来てみませんか?

 こんな所だし、中京・関西からもマニアが来ますが、今日の朝日新聞の三重県版の「初日の出スポット」には入っていませんでした。
 「初詣」の方でも尾鷲が入っているのに熊野市は入っていませんでした。
 知名度が低いってことですね。
 新聞記事って「ただ」で宣伝できるのですから、うまく売り込まなくちゃあね。
 身内だけのイベントより遙かに良いはずなんですが・・・
 マスコミ操作は上手な方じゃないです。

 高いところから「ご来光」を迎えたいなら、「長尾山・782m?」があります。
 頂上の中継所まで車で上れますが、都会の人が夜中に走るのはあまりおすすめできません。
 長尾からの初日の出も七里御浜の向こう側、海から上るはずです。
 頂上のスペースが狭いのでせいぜい10台くらいでないといけませんね。
 尾鷲との境の「矢ノ川峠・808m」も良いでしょうね。
 この二つは、初日の出以外のアサヒは幾度となく迎えた場所です。
 大勢の時も、一人っきりの時も・・・
 カップルだったことはないですね。
 なにしろ、「JCCサービス」「コンテスト」なんてアマチュア無線の運用で登ったのですから・・・
d0045383_10907.jpg

 獅子岩と初日の出です。
 獅子岩って真横からしか「獅子」に見えません。
 太陽を入れるための後ろの回ったのでは、ただの岩です。
 このようにするのはワイドレンズが必要になります。
 もし、写真を撮る気ならワイドレンズをお忘れ無く・・・
 太陽に向かいますから自動露光はそっちに引っ張られます。
 シルエットにするなら、絞りを3段は絞らないと・・・
 デジタルならその場で確認できますが、フィルムだと更に絞り込んだのまで取っておく方が無難です。
 カメラの露出計より勘の方が正しいのはこんな時です。

     
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-12-30 10:16 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/17532038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 暖かい大晦日      熊野の旅 月例・広報くまの新年号より >>