LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 24日

熊野の旅 さいれかさんまか…

d0045383_10241513.jpg

 これが昨日の「サンマの丸干し」です。
 U字溝の上で炭火で焼いています。
 少し大きめですね。
 柔らかめで食べよいタイミングです。
 も少し乾くと「カンピンタン」という状態で、冷めたら歯が立たないようになっちゃいます。
 更に進むと「ネコマタギ」と言って、生の状態でも猫さえ歯が立たなくなります。
 それでも、昔の人は食べました。
 猫は食べなくても、人間には「もったいない」という考えがありますからね。
 焼きたてをお茶に浸けてふやかして食べたのです。
 それはそれでおいしいのですが、何しろ食べるのも大変です。
 昨日のような状態だと、熱々はきゅっと押さえるだけで骨が外れるし…
 でも、つるして日向で風を当てていると、朝と夕方では堅さが全く変わってきます。
d0045383_10321313.jpg

 イベントですから、ちょうど良い堅さの物が用意されていました。
 この丸干しは、本来は『さいれの丸干し』なんですよ。
 この辺では「さんま」とは呼ばなかったのですが、NHKが「遊木・ゆきのさいれ」を「痩せたサンマ」とか言って放送した頃からは、地元でも「サンマの丸干し」という風になってしまいましたね。
 強度の産品なのに簡単の呼び名を変えちゃいました。
 私から見るとそんな迎合の仕方ってあまり賢くないように思います。
 「それなあに?」と思わせるのも珍しい物を売る秘訣でもありますからね。
 でも、今では「さいれのひもの」と呼ぶ人は皆無に近いです。

 このおじいさんは、「サンマの干物」ではなく「サイレの干物」を食べていました。
 「サイレの干物はうまいのう…今の人はサンマっていうけど…」と、言いながら… 

     
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-12-24 10:43 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/17495123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 世はクリスマス      熊野の旅 改善されたイベント  >>