人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 18日

熊野の旅 もうすぐ冬至

 冬至って、今年は21日ですか?
 何しろ動きますからね。
 春分の日・秋分の日・夏至も動きます。
 天文学的な日ですから…
 地球の公転自転や軌道に傾き…少しずつ変わっているのですからね。
 「北極星」でさえ今のものと大昔のでは違うのだそうです。
 そして、オリオン座がもうすぐ変形しちゃうのだとか…
 夜、外に出ると、ついついオリオン座を見てしまいます。
 「今夜もちゃんとある!」と、安心します。

 私にとっては、冬至を過ぎれば太陽の傾きも上になるし、日照時間も長くなるので、自家発電の能力が上がるので心強くなります。
 初めての冬至を無事に越せそうです。
 今も太陽光の電気でブログを書いています。
 段々慣れてきて、バッテリーの容量で使用可能な電力も分かってきました。
 昼間のパソコンと夕方からの居間と台所の照明は大丈夫です。
 携帯とカメラの充電も…
 この時期大丈夫なのですから、夏になってくればもっと余力が出ますね。
 
 冬至は太陽が甦る日です。
 目出度い日なんですよね。
 「日が一番短い日」とだけ教えるので、何だか暗いイメージになっているのです。
 一番大事な大要が甦るのですから、もっと派手に祝ったらいいのに…
 「ゆず湯」に「かぼちゃ」…地味ですね。

 今の時期は七里御浜・木本海岸・我が家の二階から見ると真正面の水平線から太陽が昇ります。
 冬至を過ぎると段々左に移ります。
 夏になると、我が家での日の出は鬼ヶ城の山からになります。
 随分動く物です。
 太陽が出るのが東で…なんてことでは本当の方位からかなりずれますね。
 正午の太陽は真南でほぼ間違いないのですが、真夏だと真上なのでどっちが南だか…
 やっぱり「六文儀」が要るのでしょうね。
 夜なら北極星さえ見つければ方位は出ますね。
 これも、北極星がもう少し明るい星なら良いのですが、少々暗いので視力の悪い人では苦しいのかな?
 でも、こんなのが無くても本能的に方位が大体分かるということもあります。
 私などは野蛮人ですから比較的分かる方です。
 文化人より野蛮人のほうが得なことも多いです。
d0045383_9265971.jpg


    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-12-18 09:27 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/17451673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の屎尿処理 1      熊野の旅 田舎と通販 >>