LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 14日

熊野の旅 世界遺産指定10周年へ

 「熊野古道」が世界文化遺産に指定されて8年半になります。
 高速道路が一応使えるようになるのが来年度中ですから、それとこれを一緒にして何かしようという考えが役所では生まれているようです。
 すでに、それを口実に億単位で観光施設も作られています。
 まるで、この高速道路が日本の観光を動かすような話も出てきます。
 私に言わせれば、開通しても全国ニュースには出ないレベルなのですけどね。
 九州新幹線は出来上がってそろそろ話題から消えかけていますが、もうすぐ「北陸新幹線」が出来ますね。
 富山石川などは総力を挙げて関東の客を引っ張りに掛かっています。

 列車に関しては紀勢本線は日本で一番のローカル線になっています。
 かと言って、蒸気機関車が走っている訳でもないです。
 新宮ー天王寺は電化されるまで蒸気機関車が客車を引っ張っていたのですが、こちら側、新宮ー亀山間は開通と同時にジーゼルになっていました。
 新しく出来た紀伊木本ー賀田の区間では半分以上がトンネルということで、ジーゼル化されたのです。
 すぐ裏側では「熊野川水系総合開発」で電気がじゃんじゃん起こされていたのに、「地元で使う電気はない」とばかりに電化はされませんでした。
 電化されていたら少しは変わっていたのかな?

 最近の役所の説明には。「高速道路」と「地震」と「世界遺産10周年」がついて回ります。
 ちょっと前までは。前の二つだったのですが、三つ目も使われ出しました。
 とにかく口実がないと金が使いにくいですし、県や国におねだりするにも口実が要りますからね。
 かくいう私も、学生時代には「参考書が居る」なんて口実を考えましたものね。
 「命の高速道路」「命の野球場」???
 「高速開通が熊野市浮上の最後のチャンス」???
 さて、世界遺産10周年はどんなキャッチフレーズになるのでしょう?
 その頃には「鎌倉」「富士山」が指定されるのかな??? 
d0045383_1385087.jpg

 この写真は「鬼ヶ城」の絵はがきです。
 井戸の上の山に中学校造成の切り取りが見えます。
 昭和40年代でしょうね。
 同じ絵はがきの獅子岩ではあごの石が残っていますしね。
 この頃は鬼ヶ城に来る客も多かったし、旅行に出るのが国民の夢だったのです。
 そこそこ不便だったので、出先では必ず泊まりましたしね。
 観光地の駅では旗を持った旅館の人が迎え兼客引きで立っていました。
 宿の交渉は夕方にすると安かった時代です。
 少なくとも海外へ泳ぎに行く人なんて居ませんでした。

    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-12-14 13:17 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/17425937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 名無しさん at 2012-12-14 19:13 x
 紀勢本線の無煙化は、新宮-紀伊田辺が1970年、紀伊田辺-和歌山が1973年で、電化される5年以上前ですね。
Commented by 神奈川県民 at 2012-12-15 18:50 x
紀勢本線の特急のスピードアップで、熊野に足を向ける人は増えないでしょうか。今は名古屋から新宮まで特急でも3時間30分かかってます。
横浜から名古屋まで新幹線で80分、そこから3時間30分はやはり遠いです・・・。紀勢本線の乗り心地と車窓に広がる景色はすばらしいですが、スピードは遅く感じます。今ある路線を有効活用すれば、お金もかからない、と思うのですが。
神様とお話しできそうな熊野古道の雰囲気が大好きです。どこまでも連なる青い山並みは、関東では決して見られません。(本当に青く見えるのでびっくりしました) 私は何度でも行きたいです。


<< 熊野の旅 新・オークワ熊野店と...      熊野の旅 蒟蒻問答 >>