LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 05日

熊野の旅 避難誘導看板設置を急いで

 今日、12月議会の一般質問の申し出締め切りがあります。
 去年は災害で一度中止しましたが、過去もずっと休まないで続けています。
 本会議での発言と答弁ですからきちんと議事録に残る公式見解が引き出せますから、議員と下は大事な仕事です。
 こうした要求や違憲が徐々にデモ行政を動かしますからね。
 ただし、個人利益の誘導などは論外ですが…
 質問の一つが表題の物です。

1.地震・津波避難について
 地震及び津波の避難に関しては、一般市民の関心も高く、地域での避難訓練なども行われており、備えは徐々に出来てきていると思われます。 しかし、地震・津波は台風と違い予期せぬ時に起きるものです。 この場合、居住地の訓練だけではカバーできない部分が多くあります。 これは、市民だけではなく、観光客やビジネスで当地に来られている人についても考えておかなくてはならないことです。1.こうした面からも、避難場所、標高の高い場所への誘導看板等の整備が必要だと思われます。 海抜表示は、そこそこ役立つ程度に見かけられますが、この、「誘導看板」の設置計画はどうなっているのか? 早急に整備されることを望みます。 街の整備の中では最優先の課題だと思われますがいかがな物でしょう?2.海岸からの避難に関し、木本海岸では堤防に上がる階段がようやく今年度から着工の運びとなっています。これの完成無くしては津波対策では必須と言われる扉門の閉鎖もままなりません。住民からも県当局に要望を重ねておりますが、市からの後押しもお願いし、一日でも早い完成を願う物であります。

 こうしたものに対する答弁は当然のように前向きです。
 今は予算の確定時期です。
 来年度予算に入っていないなら入れてもらわなくてはなりません。
 そんなに大金が掛かる物ではないですからね。
 熊野古道案内の石柱ほど立派な物は要らないし…
d0045383_10543699.jpg


    
熊野市周辺地図です
 
 

by je2luz | 2012-12-05 10:55 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/17360126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 写真展示 AKB &...      熊野の旅 南紀とスタッドレス >>