人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 11日

熊野の旅 木本海岸堤防 2 ほぼ満額回答

 木本海岸の堤防はここに人が住み着いてから行われてきた海との争いと共存の遺産でしょう。
 前にも載せましたが、戦前の木本町が構築した石組みの堤防もこの新堤防の下に埋め込まれています。
 撤去する予定だったのですが、出てきた堤防が頑丈な石組みで、今流の土を詰め込むあんこ工法より遙かに頑丈なのでそのままそっくりコンクリートで埋め込んだのです。
 三陸で見られたように張りぼて部分が壊れる率も低いでしょう。
 この石組みの根は深くまで降りています。
 浜が低かった時代に見えていたので写真や記憶にも残っています。
 設計図面などは見たことはないですけどね。

 構造上はこうした堤防の中では頑丈なはずです。
 現場を見ていない人の中には、「堤防なんてテレビでやっていたみたいに寛ちゃんに壊れるんだから…」と言う人も居ます。
 そうならないように、四半世紀目を光らせ、注文をつけ、沖の潜堤まで構築してもらったのです。
 ここまで長期に関われたのもここに住んでいて、伊勢湾台風もここで経験している強みです。
 役所って以外と記録が残っていない物です。
 何しろ期限が過ぎれば全部焼却処分するのが日本のお役所ですからね。
 そうした意味では私などは伊勢湾台風などを知る最後の人間になってきています。

 旧堤防が存在していたときは、高さが同じ堤防が二重にある珍しい構造でした。
 潜堤が出来る前に越えた波も、高波ですから部分的で一回に越える水量が少ないので、この二重堤防がせき止め、分散化してくれたので被害がありませんでした。
 潜堤が完成し、あの程度の高波だとこれることはないはずなのですが、それまでに越えた事実もあるので、新堤防の上に歩行者の転落防止を兼ねた擁壁を立ち上げるように要望しました。
 当初は「ガードレール的な物で…」と向こうは言うし、こちらは「それでは役に立たない…」と言う争点にもなっていました。
 そうした事業は旧堤防撤去後の別事業になると言うことで、今回の「木本海岸堤防修景化事業」となったのです。
 これを企画立案する会議には私のような地域住民は入っていませんでしたので、心配していたのですが、ほぼ最終案と言う物では、「擁壁はコンクリート製で越えた波や砂利を防ぐためと歩行者転落防止を兼ねた物」と言うことです。
 そして、堤防に上るスロープと、今の非常階段のようなものでは無い、少し緩やかな階段も…というのも盛り込まれています。
 それに、へんてこな「絵」などは書かないと言うことになっています。
 賛否あるでしょうけど、毎日それを見なくてはならない住民にすると、美術とは言いがたいような「絵」に大金をかけるのは無駄なんです。
 それに、国道脇の堤防の絵などドライバーには見えません。
 見てられたら事故になります。
d0045383_1047275.jpg

 これは三重県が資料として提示したCGによる完成予想図です。
 右が国道42号線、真ん中がスロープ、左が堤防天場の遊歩道部分で、古いコンクリートの外が浜です。
 予定では我が家の前辺りにこのスロープ部分が来ることになりそうです。
 この修景事業の目的は、地域との連携などになるので、古道歩きの人を誘導するのもその中に含まれます。
 このスロープの登り切ったところには緩やかな階段もつきます。
 この場所は熊野市駅から海に向かったところです。
 この堤防を周遊路にするなら、この反対側、鬼ヶ城より、二丁目にも普通に上れる緩やかな階段が欲しい物です。
 途中に休憩所を作るまで言う事業ならそれだけの配慮が欲しいと要求していきましたが、それを除いては現状でも、ほぼ「満額回答」と言う内容です。

 こうした会合があって、回覧板や町内紙で知らせても、出席する人は本当にわずかなんです。
 一回目は十人あまり、二回目は十人を切っていました。
 無関心なのか、無力感なのか…
 その割にいろんな文句は聞きます。
 いつも書くように「隠れて言う意見」は意味はありません。
 機会があれば…無ければ作ってでも言わなくては社会は変わりません。
 などと、青臭いことをいつまでも言い続けています。
 でも、この積み重ねで木本を守る事業が出来ていったのです。
 お上が勝手に守ってくれるほど「木本」は重要な町ではないですからね。
 また、こうした住民に相談していたのでは前に進まないのも悲しい現実です。
 受けようとも思いませんし、勝手に出来るだけのことをしてきたし、最後までやるしかないです。

      
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-11-11 11:06 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/17146928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 木本海岸堤防 3 ...      熊野の旅 木本海岸堤防 1 四... >>