人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 26日

熊野の旅 高齢者のためのニュース

 今日はWindows8の発売日だとか…
 私はようやく7に慣れてきたところです。
 こんな田舎でもEDIONがあるので、今日から店頭に8にパソコンが並ぶようです。
 ここではワープロ時代から普及が遅れているし、老人クラブでの講習会などもまともに行われませんでしたから、お年寄りでパソコンを触れる人は少ないようです。
 余分な出費をさせなかったとも言えるのかも知れませんけどね。
 そろそろ、今日の記事のような施設でも目線LAN位は導入しておいて欲しいですね。
 私が入所するならせめてそれくらいの楽しみは欲しいです。
 まあ、ぼけていなければの話ですけど…

 と言うことで「清流17号」からの転載です。

 ご存じかとも思いますが、飛鳥町大又の「旧大又小学校」の後に、老人ホームが出来る予定です。
 この学校の校舎は飛鳥では一番新しく、よく出来た物ですが、学校統合の時に使われませんでした。
 建てるときには。将来の統合に備えて設計したのですが。「点数が低かった」のだそうです。
 統合当時、申し訳ございませんが、私は議員でなかったので細かいところは分かりません。
 今度出来る施設は入所者数70人、ショートステイ10人という物です。
 熊野市の北部にはこうした施設がなかったので、「自分の家に少しでも近いところが良い」と言うお年寄りの希望に少しは応えられるようになるかと思います。
 冬は確かに寒いですが、部屋は暖めるのは簡単で、夏の暑さを冷やすのは大変です。
 暖房より冷房の方が体に応えますから、大又だからと言う心配は少ないと思います。
 校舎は内部の改装で、事務所やショートステイに使われ、入所用の建物は運動場を嵩上げして建てられます。
 屋内運動場は今のまま残して、公民館・避難所として使えます。
 新しく出来る施設には看護婦さんなどが常駐していますから、非常時には心強いかと思います。
 学校を老人ホームに使わなくてはならないのは寂しい話ですが、そのまま朽ちてゆく校舎が多い中で、そこで学んだ子供達の老後も見てくれるのはうれしいことだと思った方が良いかも知れません。
d0045383_947957.jpg


    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-10-26 09:47 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/17057522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 物事の基本      熊野の旅 木本堤防の今後 >>