LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 22日

熊野の旅 錦の御旗 

 昨日の「錦の御旗献上行列」…
 ある人が「天皇家から献上するってあるのかなあ…」と言う疑問を投げられました。
 「納める先が神様だから良いんではない?」…と答えてから、広辞苑を調べましたがよく分かりません。
 「下から上に物を捧げる」と言う基本的な意味をどう取るのか…
 「奉納」ではなく「献上」としたのはなぜなのか?
 天皇が「現人神」でも「神」はその上ではないのか?
 国語学者でも神学者でもないのでわかりません。
d0045383_11435677.jpg

 県内では多気郡明和町などで「斎王行列」と言うのが行われています。
 これは京都などでもある、伊勢神宮へ天皇家から派遣される「斎王・斎宮」の行列を模した物ですね、
 ちょっと前にも皇室代表の人が伊勢神宮の祭典を取り仕切るために来られたようですね。
 そうした祭りも中々観光客を呼ぶ、地域活性になると言う所までは行きにくいようです。
 人口の多い町だと、地元と近郊の人だけでもどっさりの人出になって賑わうのですけどね。
 人口19000人の市では、一割来ても2000人です。
 とにかく、他所の人を呼ぶってえのは難しいんです。
 自分に当てはめれば解ると思うのですけどね。
d0045383_1144143.jpg

 「客寄せパンダ」と言いますが、たがが100Kmしか離れていない「白浜アドベンチャーワールド」の赤ちゃんパンダでさえ、この辺からは中々見に行かないのです。
 「生きがい対策」「地域の融和」と言う位置づけでは駄目なのでしょうか?
 それと、イベントこそ「スクラップ・アンド・ビルト」にしないとなんともなりません。
 「観光スポーツ交流課」「水産商工振興課」「教育委員会」など色んな部署関係のイベント、県のイベント、役所から離れたイベント…
 役所がらみのものでも職員もしかとはわからない…
 私もよく分からないものが一杯になってきました。

 どう知名度を上げるか???
 「情報発信して…」と、すぐに言いますが、ネットに載せても…
 かつては、HPの数も少なかったのでヒット率も高かったのですが、今ではねえ…
 ことに最近では、中身は別として、ちょいと有名な人の「ツイッター」などに人が集まっちゃうし…
 お手軽に見て、お手軽に「いいねー」なんて賛同して…
 でも、そう言う物で物を見に出かけるでしょうかね?
 
 スクラップ・アンド・ビルトが出来ないから、役所機構が肥大化するのです。
 悪いことに、「補助金」なんてのが手を変え品を変え出てくるのです。
 四半世紀こんなこと言ってきて、イベントが合同化したのはたった二回だけです。
 頑固な物ですね。

    
熊野市周辺地図です
 

 

by je2luz | 2012-10-22 11:48 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/17034023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 超大型イベント      熊野の旅 うーん わからん! >>