人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 20日

熊野の旅 お店の推移

 去年・今年・来年…実質二年ほどで熊野市のお店が随分変わりました。
 お店が減ったし、大きな店がほとんど無かった町だけにこの変化は大きいのです。
 
「オークワ熊野店」の記念通り閉店、井戸への移転、来年には取り壊し
 衣料品の少し安い「パーティハウス」の閉店
 その後へ「薬のもりやま」が移転、もりやまの跡地利用は不明
 ダイハツ自動車の「杉山モータース」が取り壊されて牛丼の「すき家」が明日開店
 衣料品の「こまや」が取り壊されてアパートに、こまやは向かい側で縮小営業
 田中医院・田中薬局取り壊し
 元・宇城時計店取り壊し
 農協支所の閉鎖
 目立つ所でこれだけあります。
 もりやまの後には回転寿司チェーン進出の噂がありますが、もし、それが本当なら回転寿司が三軒目になります。
 ますます、地元の食堂屋さんは苦戦するでしょうね。
 かといって規制も出来ず…
 チェーン店は儲からなくなったらさっさと引き上げますからねえ…

 観光客向けには、少し前にオープンした事実上三重県肝いりの「里創人熊野倶楽部」と熊野市営とも言える「駅前観光会館」、今年オープンした熊野市肝いりの「花の窟神社・お綱茶屋」…来年オープンするのが事実上熊野市営の「鬼ヶ城センター」と公営の施設が立て続けにできて競合します。
 「高速道路」を目当てなんだそうですが、どう見ても、「口実」ですね。
 しかし、これに反対する勢力は少数派です。
 心の中では反対でも、口にも出さない、態度でも示さない、「かしこい人」が多いのです。
 私は「かしこくなれない」らしいです。
 でも、「かしこく」なっても、人に迷惑掛けるだけでいいことなんて何もないように思えます。

 このように大きく町が変わっても、決して栄える方向ではないです。
 「雇用を創出した」と、胸を張りますが、5億も10億も掛ければ、その金で、5人も10人も一生働いてもらえるのです。
 さらに、隠されてしまう赤字の分で何人もの人に市民のための仕事をしてもらえる勘定なのです。
 相変わらず、無駄でも立派な箱物を作る人が偉い人だという古い価値観が生きているようです。

 事業からの撤退・退却が無理でも『転進』位は出来ませんか?とたずねても、「決められたことは粛々と行う」のだそうです。
 帝国陸軍よりかたくなですね。
 反対の声など聞いたこととが無いそうです。
 そうでしょう…
 皆さん賢いですから…
d0045383_1046049.jpg


 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-09-20 10:47 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/16846539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by soudesune at 2012-09-20 23:28 x
雇用を生むのはいいことですが、
赤字なら、ツケは、市民に跳ね返ってきますね。
市民が数十名の市民を食べさせていることになるんでしょうね。
そんな予算があるなら、ゴミの焼却場を
あのようなまちなかでなく市民に影響のない場所に移して欲しいですね。
Commented by 紀州人 at 2012-09-27 00:16 x
あのゴミ焼却場はなんとかなりませんでしょうかね。
あんなとこで処分しているのは、
近隣の自治体では考えられませんね。
近くには住宅や食料品のお店もあるんですから。
よそのこととは言え気になることですね。
おまけに、東北の瓦礫を処理する案もあるそうですが
熊野の人は気持ちが大きいですね。




<< 熊野の旅 熊野 避暑地にはなら...      熊野の旅 熊野では普通じゃない >>