人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 13日

熊野の旅 評判が聞こえてこない

 「すき家」がオープンしたのですが、まだ行っていません。
 会期中なので昼飯を食いに行くにはちょうど良いのですが…
 前を通っても居ないので繁盛しているのかどうなのか
全く分かりませんし、評判も聞こえてきません。
 「吉野家党だから、あそこは行かん!」という人には何人か会いました。
 私も他所で入るのは「吉野屋」ですね。
 旨いとか何とかより、最初入ったのが「吉野家」だったし、「松屋」なんてのにも入る必要も無し…
 と、言うことでよく考えたら、「吉野家」しか入ったことが無いような気がします。
 餃子は「王将」だし…
 冒険しないと言うのではなく、この辺にはそんなの無いですから、チェーン店に入るのも、何年に一回かの機会ですから、「飽きる」なんて無いんです。

 「吉野家」では「大盛り・つゆだく」
 「王将」では「餃子にチャーハン」
 他の中華店では「レバニラ炒め」
 メニューも決まっています。
 でも、好き嫌いがあるというのでもないし、外国に行けば訳の分からない食事を現地の人が食べているのを見て注文します。
 結局、何を食べたか分からない時が多いですけどね。

 「すき家」は獅子岩の斜め前なので、獅子岩に来た観光客は立ち寄るかもしれません。
 でも、この「獅子岩」と言う名所はわざわざ来る所ではなく、観光バスは徐行するだけ、一番きちんと止まるのは単車のツーリングの人たちです。
 道路の構造や見る物の規模の関係でしょうね。
 5分も見たら堪能しちゃう…
 結構格好よいのですが、美人じゃないですが5分で飽きられちゃう…
 私はレンズのテストに向いているので良く行きますけどね。

 私でもそうなのですが、他所に出かけたとき、どんな店に入るか…
 「見たことのある看板の店」になりがちなんです。
 グルメ雑誌を片手に歩く人は、知られていない「地の店」にも入りますが、普通のフリーの観光客やビジネス出張マンは、「分からん店」には飢え死にしそうなほど腹が空かないと入らない物です。
 昔は、チェーン店なんてないし、食堂がテレビコマーシャルやるなんて無かったので、「駅前食堂」や街道筋の「めし屋」に入ったのです。
 「駅前食堂」は自分の勘を頼りに…
 街道筋では「長距離トラックの止まっている店」が目安だったのです。
 そんな時代は、田舎の食堂も立地条件次第でやって行けたのですが…
 店の名前より、「めし」 「うどん」 の提灯が目印でしたからね。
 飲み屋も食堂も「赤提灯」だったのです。

 そもそも、「ドライブイン」などと名乗り出した頃から、飯の量が減り、おいしくなくなったのです。
 「おばちゃん」が「ウエイトレス」になって生意気なったり…
 今ではチェーン店以外は再び「おばちゃん」とか「おばあちゃん」に戻っていますけど、飯は少ないままです。
 まあ、私も昔のように大盛りの丼飯は喜べなくなっていますけどね。
d0045383_833336.jpg


 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-09-13 08:04 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/16802836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 評判が聞こえていない      熊野の旅 熊野市役所のNET環境 >>