人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 02日

熊野の旅 これが災害記念イベントです

 今日の新聞に入っていたチラシです。
 予想よりは少し地味目のA4裏表です。
 同じに入ってきた「すき家」の開店予告兼求人チラシはB5表だけでした。
 都会のようにたくさんのチラシは入りませんから、見てもらえる率は高いです。
d0045383_9564129.jpg

 ちょっと写真が小さいので読みにくいですかね?
 ごらんのように食い物がメインらしいです。
 物産展に出展者として随分付き合いましたが、「食い物」は強いです。
 木製品などはその時に使い道が思いつかなかったら買いませんが、食い物は昼飯代わりとか帰ってからの夕飯だとか、その日に必要な物ですから探してでも買ってゆきます。
 日本橋三越の三重県物産展でも売れまくるのは、「赤福」「養肝漬」「干物」なんて食い物ですからね。

 開催時間が9:45から13:30と半端なのは、表面右下の囲みの「これからの救急・防災」と言う講演会が15時からあるからでしょうね。
 会場が市民会館てえのも大変ですね。

 主催者は、三重県で、後援に尾鷲市・熊野市・紀北町・御浜町・紀宝町・東紀州観光まちづくり公社が入っています。
 さらに、協賛としておやつカンパニー・井村屋グループ・マスヤが名前を連ねています。
 県が言い出したら、自治体は嫌と言えませんからね。
 上の人たちは、「強制なんかしていません。喜んで参加してくれました。」というでしょうけどね。

 会場は「里創人熊野倶楽部」のメイン広場では狭いのでしょう。
 普段は駐車場になっているところを使うようです。
 足の方はシャトルバスが金山工業団地と熊野市駅からシャトルバスが出るそうです。

 「工業団地」なんて書くと、地元の人や熊野出身の人は、「そんなんあった?」と言うでしょう。
 実情は「工業団地予定地」です。
 もちろん敷地は何年も前に完成しています。
 今時、日本国内で…こんな遠くて人も居ない所へ進出してくる工業なんて居ません。
 公害垂れ流しでも許されるのなら可能性はあるかもしれませんけどね。
 御浜町にもこんなのがありますね。
 私が議員で無い間に進んじゃった物ですが、本当に出来ると思ったとしたら「時代錯誤」でしょう。
 「花一杯運動」「国際姉妹都市」「お綱茶屋」「ふるさと公社」…という発想とどこか共通ですね。

 目玉の「餅ほり」は「里創人熊野倶楽部」の中の広場で。知事さんの挨拶のすぐ後らしいです。
 挨拶が9:45ですから早く行かないと終わっちゃいます。
 熊野市駅からのシャトルバスは9:15 10:15 11;15 12:15 13:15 ですから、一番に乗らないと間に合いませんね。

 この施設は県や市が作ったものです。
 皆さんが作ったものです。
 10年契約で民間会社が運営しているのですが、赤字らしいです。(当然ですが…)
 つまり、10年経つと止めちゃう可能性があります。
 もう、3年ほど経つのでしょうね。
 つまり・・・
 こんな機会に行っておかないと・・・
 行かずじまいになりかねませんよ。
 普段は食う物も高いですが、この日はB級グルメが来ていますから、大丈夫だと思います。
 テレビのようにはたくさんの店が並ぶことは無いですが、呼び物は「富士宮焼きそば」ですよ。
 餃子は「宇都宮」ではなく「津」ですけどね。
 それから…
 このイベントは「熊野の味」に関しては力は入っていないようです。
 物産信仰ではなく、「被災者を勇気付けるため」らしいですからね。
 もちろん、被災証明を持っていっても割引は無いようです。

 藩主様、お代官様おそろいで、慰めてくださるのですから、皆の衆、お集まりくだされ!

 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-09-02 10:42 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/16734577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 今年の秋は…      熊野の旅 防災訓練 2 >>