人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 13日

熊野の旅 盂蘭盆

 今日は8月13日、間違いなく月遅れの「お盆」です。
 「お盆」も「盂蘭盆」と書くと物々しいですね。
 お盆は仏教徒の家なら全部の家である行事なのですが、去年のお盆から後で仏様になった新仏だけは別扱いです。
 「初盆」と言う形で祀りますね。
 この辺の普通の家では、お盆は13・14・15日ですが、初盆の家では7日から始まります。
 終わりは、その地区での「灯篭焼き」までです。
 「熊野大花火」は元々、極楽寺さんの灯篭焼きの行事として江戸時代に始まった物です。

 「初盆」は「初精霊・はつしょうろう」とも言い、墓石型の灯篭や走馬灯の入った灯篭などを飾り?ます。
 面白いことに(不謹慎かな?)天理教の家でも同じように祭りますね。
 石碑型の灯篭に書かれているのが戒名ではなく実名+大人(うし)などというもののようです。
 知人の家の神道のところも灯篭を飾りましたね。
 これは、「初盆参り」と言う習慣があり、親戚縁者や知人・同じ集落の初盆の仏様にお参りするものです。
 この習慣から、お盆になると、一年間のお葬式を振り返って初盆の家に出かけるのですから、「仏教ではないので何もありません」と言うのも具合が悪いからでしょう。

 仏教徒の所では、初盆の仏様のほかに、「餓鬼」のためにも供え物をして祀ります。
 「水棚」と呼んで、仏間ではなく外から直接供え物が取れる縁側や玄関脇に祀ります。
 これが、成仏出来ずにうろついとぃると言われる、「餓鬼」「亡者」に施しをするものです。
 まさに「施餓鬼」なんですね。 
 そんな連中に家に上がってこられると困るからあんな所に飾るのでしょう。

 宗教の世界って、坊さんの位に始まって、区別を通り越した差別が多いですからね。
 その方が分かりよいのでしょうけど、その思想が悲劇や戦争を引き起こすなんて考えもしないようです。
 「南無阿弥陀仏」「なんまいだー」と唱えるだけで成仏でき、衆生を救うために仏様たちが居る割りに餓鬼・亡者だらけのようです。
 キリスト教でも「懺悔」すれば許されるとか…
 「徳の高いお坊さん」が供養すれば浮かばれるとか…
 霊能師が除霊すれば消えるとか…
 こんなのおかしいですよね。

 まあ、それは良いとして…
 この初盆周りは場所によって随分違います。
 こんなに狭い範囲なのに、木本は7日から13日までの間の適当な日に参ればよいとされてきました。
 飛鳥では13日の夕方に回ることになっていました。
 最近では回る範囲が広がったのでお昼ごろから回るようですけどね。

 初盆の家では、お盆の間中、きちんと灯篭を飾り、お膳も供えています。
 初盆のお参りに来てくれた人には冷たい麦茶とかを出してお礼を言います。
 昔はビルなどを矢鱈と勧めましたが、今は車の関係で断りよくなりました。
 初盆回りも飛鳥のように13日だけなら良いのですが、木本のように長丁場だと大変ですね。
 おまけに、木本ではお返しまで出します。
 困ったことに、元々そんな風習のなかった飛鳥でも「お返し」が出る所があります。
 木本方面からお参りに来た人が、お返しが無いと不思議に思うからだそうです。
 葬式でもそうですが、こんな習慣は派手な方に引っ張られますね。
 
 かつては「新生活運動」でこうした物の合理化が申し合わされたりしました。
 集落の総会の議題では、日傭賃とともに冠婚葬祭・病気見舞いの制限額の決定が大きな物だった時代もあります。
 申し合わせをしてもすぐに崩れるのが冠婚葬祭・病気見舞いでしたね。
 多分、これからもそうなのでしょう。
d0045383_10392247.jpg

 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-08-13 10:39 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/16625526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 水不足      熊野の旅 この低気圧・・・ >>