LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 07日

熊野の旅 響鼓in熊野2012 川俣町の太鼓

  伊達郡川俣町と言うと、私にはアマチュア無線を始めた頃に、空で知り合った川俣町無線クラブのJA7FVA局が浮かんできます。
 川俣町の無線クラブはものすごくアクティブなクラブで、QSLカードはコストダウンのためにわら半紙でした。
 7Mhzで東北が開けてくると必ず聞こえたのが…
 「CQ・CQ・ CQ こちらは ジュリエット アルファ セブン フォックストロット ヴィクトリア アルファ 伊達群 川俣町… 」
 この声でした。
 そして、私が無線が病みつきになって所属した「JAG」では同じ仲間になりました。
 私は今。アクティビティが落ちているのですが、FVA局は原発事故でどうされているのでしょう?
d0045383_834582.jpg

 昨日の「響鼓in熊野 2012」のトップを勤めたのが、川俣町の太鼓集団、「山木屋太鼓」さんたちでした。
 私が持っていた川俣町民のイメージとは少しばかり違っていました。
 たった一人知っていた川俣人がFVAさんだったから???
 いえいえ、そんなことは言いません。
 どんな人と比べても、「すばらしい」と思える人が叩いていました。

 無線の世界で日本を席巻するほどアクティビティの高かった川俣町ですから、色んな所でもパワーがあるのでしょうね。
 これは、古いHFマンなら納得されるのではないでしょうか?

 遠い所までおいで頂いたのに、一番と言うことで、例年通りだと炎天下、観客が揃わないので心配しておりましたが、雨で会場が市民会館大ホールに変更され、暑さの心配がなくなったので、200人ほどの観客が入っていてほっとしました。
 太鼓は好きではないし、イベントも大賛成でもないのですが、こうした形で来てもらった以上は、きちんと観客が居なくては失礼ですからね。。
 私も時間前にきちんと出かけ、邪魔にならない程度に写真も一杯撮りました。
 もちろん、無粋なストロボなんて焚きません。
 ただ…
 後で写真を見直すと…
被写体が偏ってしまう悪い癖が出ていましたけどね。
d0045383_8345731.jpg

 カメラはNIKON D800E 
 レンズはNIKKOR AF-S VR Zoom-70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
 ISO 1600設定 JPEG サイズFX
 望遠使いではないのに300mmを用意していってよかったです。 

 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-08-07 08:35 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/16582665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 月例報告 広報くまの...      熊野の旅 紀和の火祭り ハイライト >>