LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 06日

熊野の旅 紀和の火祭り ハイライト

 火祭りのメインイベントは「北山砲」ではなく、「柱祭り」です。
 長い杉の木の柱に籠が括り付けられており、それに目掛けて松明を投げ入れる物です。
 おそらく吉凶などを占うとかもあったのでしょうが、いまでは投げ入れた人に景品が出ているようです。
 これは元々宗教行事だったそうです。
 お盆の行事だったそうで、仏教行事ということで取り仕切ったのはお坊さんだったらしいです。
 それが集落の夏祭りの行事となってからは、神社の神主さんにお願いしたり。金光教だったり天理教だったりしたようです。
 夕方、神主さんが来て祝詞をあげていましたが、はてどの宗教だったのでしょう?
d0045383_9584521.jpg

 おおらかでいいですね。
 宗教なんて気の持ちようでしょう。
 これが絶対だなんていうからややこしくなるし、虐殺や戦争まで起きるのです。
 何様でもいい…特別ありがたくなくてもいい…
 それぞれが納得できれば良いでしょう。
 まあ、その調子だと宗派が栄えないし、飯が食えないでしょうね。

 高い所にくくりつけた籠には中々松明は入りません。
 途中で下げて入りよくするのですが、今年はそれでも入らず、かなり低い所になっていましたね。
 一番最初の大砲の写真の後方に杉の柱と籠が写っています。

 縄の付いた松明をぐるぐる回して投げ上げるので、とんでもない所へも飛んできます。
 ことしは、下手な人が結構混じっていたようで、この暴投も多かったし、中々入らないし…
 松明が入りそうになると観衆から歓声が上がり、入らずに落ちるとため息が出ます。
 結構、会場が一体になっています。

 田舎の小さめの手作り夏祭り… 
 最後には派手な花火もありますが、今年も花火が始まった段階で帰途につきました。
 もうすぐ我が家の前で花火があるし、花火が始まるタイミングで駐車場に行けば全く混雑しないで帰れますからね。
 皆さんは、北山川の河原から打ち上げて、音が山で跳ね返ってくる音響効果の良い花火も楽しんできてください。
 来年も8月第一土曜日です。
 来年は8月3日ですよ。
 今なら、会場そばの「瀞流荘・せいりゅうそう」の予約が取れるのではないかと思います。
d0045383_9595187.jpg


 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-08-06 10:00 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/16576155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 響鼓in熊野2012...      熊野の旅 雨 急遽市民会館へ ... >>