人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 28日

熊野の旅 番外 世界遺産 大峰山

 大峰山(おおみねさん)は『役の行者』(えんのぎょうじゃ)が開いた修験道場として有名です。
 役の行者はいささか伝説の人めいたかなりのスーパーマン的な話が残っているようです。
 羽黒山や月山は都から遠いこともあり、山伏の修行と言えばここ大峰山が有名なようです。
 今でも、多くの人が修行に来られているようです。
 山伏の修行には『先達』(せんだつ)という指導者が必ずつきます。
 この先達に従って、険しい大峰山の岩場を登り、目のくらむような崖の上に立ち、身を乗り出して修行します。一歩間違えれば遭難と言うものだけに、経験豊富で道に迷うことの無い先達が必要なのです。
 一時は寂れていた大峰山も近年では修行に訪れる人も増え、更には世界遺産指定もあって一般観光客も増加しています。『金峰山寺』(きんぽうせんじ)の周りには宿坊が沢山あるといいましたが、この宿坊は元々、修験道のために出来たものです。
d0045383_9165687.jpg

 宿坊とは宿舎、宿をかねたお寺です。写真の『桜本坊』(さくらもとぼう)もその一つで、立派なお堂と大人数を収容できる部屋を備えています。
 この桜本棒は『大海人皇子』(おおあまのおうじ)が吉野に逃れてきた時、夢で満開の桜を見た後に皇位についたという話から命名されたと言う事です。この天皇は『天智天皇』です。宿坊とは言えここ吉野のように古くから開けたところです、とんでもない大物がその縁起には登場してきます。
 大峰山は気候の厳しいところですから、現代の修行は夏の間が主流になります。夏場は修行に来られる人で一杯になります。
 山伏の修行といっても、修行を体験する程度の一般の方から、本格的に修行する人まで様々なようです。それぞれ、宿坊に泊まり、チームを組んで修行をするようです。
 夏でも夜になると寒くなる吉野野山はまさに下界を離れた世界ですから、避暑がてら宿坊に泊まって、美味しい精進料理を頂き、宿坊での謹業だけにでも付き合って見るのも良い経験になるかもしれません。
d0045383_94064.jpg

カメラはデジタルカメラのオリンパス・キャメディアC-3100です。

by je2luz | 2005-08-28 09:34 | 熊野 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/1648792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from [世界遺産]とは at 2005-09-30 00:45
タイトル : 世界遺産
っているもの。歴史 1960年代、エジプトでナイル川流域にアスワン・ハイ・ダムの建設計画が持ち上がった。このダムが完成すると、ヌビア遺跡世界遺産世界遺産(せかいいさん)とは、1972年の国際連合教育科学文化機関|ユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、世界遺産リストに登録された遺跡や景観そして自然など、人類が共有すべき普遍的な価値をもつものを指す。※同名のテレビ番組は、世界遺産(テレビ番組)を参照のこと。分類「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産...... more


<< 熊野の旅 番外 大峰山・役の行者      熊野の旅 番外 世界遺産 金峯山寺 >>