人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 15日

熊野の旅 世の中は連休

 7月に祭日・休日が無いからなんておかしな理由で出来た「海の日」があるので連休だそうですね。
 アメリカから「働きすぎ」と言われて、週休二日にし、祭日・休日も増やし、挙句は祭日を変動性にして日曜日とのダブりで消える休みを無くそうなんて、お役人が考えたので出来た連休ですね。
 とにかく休みは多いです。
 それに加え、そちらが増えても減らなかった「有給休暇」もちゃんととれば20日以上あるのだし…
 きちんと法律を守って働いたら、年間何日働くことになっているのでしょう。
 これで、世界と急送競争できるのでしょうかね?

 熊野市などは、「毎日日曜」と言う人が多くなっているので、こうした連休などはぴんと来ません。
 子供の居る家と公務員の家ははっきりしますが、百姓さんとかだと関係ないしねえ。
 私もずっと「無職状態」が続いていたので曜日すらいい加減です。
 今は、役所が休みの日だけは大体分かります。

 この辺は梅雨明けしているのですが、ここは「東海」なので直線でも南北に150Kmも離れた所の基準で報道されるので、まだ明けていないことになっています。
 ほとんどの人は梅雨の最中だと思っています。
 だから、観光に出かけるなんて思いつく人は少ないです。
 おまけに、梅雨の後半は豪雨になることも多いし、この10日ほどは吸収九州の水害で動く気にはならないでしょう。
 去年騒がれた台風12号関連水害より被害が大きくなっていますからね。
 そして、頭のどこかに「紀州は危ない」なんて意識が出来ちゃったようですし…

 戦国時代から本格的に始まった日本の治水事業…
 近代になって工法も材料も大きく進歩して、高くて頑丈そうな堤防が出来ています。
 洪水被害も少なくなっています。
 でも、「室町産業」じゃ無いですが、元は川原だった所を堤防ができたからと言ってかさ上げもしないで「土地」扱いするようになりました。
 だから、いったん大水になって、堤防を越したり、堤防が切れたりするとものすごい家屋の被害が出ます。
 気象庁が「今まで経験したことの無いような…」と言う表現をし始めましたが、たかが50年とかの間の話なんですね。
 元はその川の遊水地だった所は川にとっては自分の領域でしょう。
 同じように、元は浜だった所は海にとっては自分の領域でしょう。

 「強靭な国土」を作る政策が動くのだとか…
 公共事業に大義名分を与えるための口実でしょう。
 この辺の高速道路の名目が、「命の道」になったのは去年からかな?
 そして、予定されている三つ目の野球場の冠が、「防災グランド」に変わりましたしね。
 中身は何も変わっていません。
 そう呼べば市民や国民が納得すると思っているのです。
 そして、そう言われると納得しちゃう人も多いのです。

 熊野は晴れています。
 ちょっとばかり暑いですが古道は歩けますよ。
 大河ドラマでも「熊野詣」が出てきますよ。
 清盛さんなどが歩いたのは和歌山県側ですけど…
 でも、皆さんもほとんどが平民の出でしょう/
 伊勢路を通ってみてはいかがですか?
d0045383_10562497.jpg

 
熊野市周辺地図です
 
 

by je2luz | 2012-07-15 10:56 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/16360941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 新宮と木本 木本と尾鷲      熊野の旅 オークワ本店 こまや... >>