人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 24日

熊野の旅 熊野川 成川の渡し

 昔、大きな川には橋がありませんでした。
 東海道などは軍事的な意味でかけなかった所もあるようです。
 熊野川の河口部、熊野街道・伊勢道・浜街道にも橋はありませんでした。
 今は鉄道の鉄橋、国道42号線のバイパス用、同じく国道42号線の古い方の大橋と、三本の鉄橋が並んでいます。
 熊野川は水量の割に川幅は狭いです。
 その分、流れが急になっています。
 今の技術だと橋杭の間隔も広く出来るし、そんなに難しい所では無いのですが、昔はかけられなかったようです。
 木製の橋時代にはここには橋は出来ませんでした。

 ここに橋が架かったのは昭和10年と、新しいのです
 紀伊半島ではたった一本の重要道路なのにこれまではかけられなかったのです。
 橋が無いと言うことは、「渡し船」と言うことです。
 とても徒歩で渡れる川では無いですからね。
 うんと上流に行かないと吊り橋は架けられないし・・・

 浜街道で使えるのは、「成川の渡し」と「阿須賀の渡し」があったようですが、一般には「成川の渡し」を使ったようです。
 川幅は狭いですが、ここで川を横切るって大変なことだったでしょう。
 高出力の機関船ならまだしも手こぎでは平常時でもまともに横切れない感じです。
 大きな川でも大井川などは「輿」に乗ったり、「肩車」して貰ったり、自力で渡ったりしたようですが、ここでは船しか無かったでしょう。
 
 どこでも、洪水になれば「川止め」になって旅人は足止めされた物ですが、浜街道などは雨も多いし流れは速いし…のべつ止められたのでは無いでしょうか?
 新宮川は大きな町ですから、宿も遊ぶ所も沢山あったでしょうけど、三重県側はさほど大きな町でも無し…
 それでも、「宿」は並んでいたようです。
 当然「茶屋」の他に「女郎屋」もあったはずです。
 いかがわしい所…ではなく、全国どこにでもあった物ですからね。

 この「成川の渡し」の船頭さんをしていたとか言う人が親戚に居て、私が子供の頃、隣に住んでいました。
 近所の人は、苗字で言わずに「成川」と呼んでいました。
 ブラジル引き上げの家は「南米」と呼んでいましたしね。
 この「成川」のおじいさんも昭和10年の熊野大橋の完成で職を失ったのでしょうね。
 隣だったのですが、寡黙な人だったのと私が小さすぎたので「成川の渡し」の事は全く聞いたことがありませんでした。
 惜しいことをしました。
 そのおじいさんの写真も無いですね。

 鉄道が出来て、篭屋も馬子も失業しました。
 電車やハイヤーが出てきて人力車が消えました。
 このように必需品だった物が消えるのが「進歩」という物らしいです。
 道路が良くなれば時間が掛からなくなって、途中で使うお金も減りました。
 鉄道も早くなって、駅弁も駅蕎麦も冷凍ミカンも売れなくなりました。
 まして、食堂車に座る時間などありませんよね。
 瀬戸内大橋で島丸ごと橋杭になってしまったところもあります。
 もうすぐ、伊勢道・国道42号線沿いの高速道路が完成します。
 尾鷲は素通りに抵抗して町中部分の高速建設に待ったをかけていましたが、どういう力に負けたのかゴーサインを出しました。
 名古屋方面から来る人には、「松阪」「多気」「三瀬谷」「滝原」「大内山」「紀伊長島」「海山」なんてところは道路標識の出口看板で見るくらいで、通った自覚も無くなります。
 そして、紀伊半島で三番目に大きな尾鷲市も同様です。
 それでも、「高速道路で地域が浮上する」なんて信じている人が居るのですから不思議です。

 他所から来る人が田舎で使うのはせいぜいお土産の千円とか、お昼ご飯の数百円です。
 この辺から、わざわざ買い物に出掛けるファミリーが使うのは、洋服から日用品、夕食まで万単位です。
 まさにストロー現象です。
 でも、新宮の大橋を落としてしまう訳にも行きませんよね。

 もうすぐ、40年あまり掛かった、鵜殿を通らないで済む「紀宝バイパス」が完成します。
 鵜殿は合併で「紀宝町」に入っちゃったし、バイパスが出来ると熊野の人も新宮の人も鵜殿を通らなくなり、そのうち忘れちゃうでしょう。
 今の私達が「成川」を忘れているようにね。
d0045383_12543.jpg


 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-06-24 12:06 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/16126702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 曽野日 庫司 at 2012-06-26 15:39 x
紀宝バイパスも、紆余曲折もありましたが、いよいよ完成間近ですか。
そうなると、鵜殿の交通量は減少するのでしょうか。
尾鷲ー大泊の高速もつながると言うお話も聴きますが、
そうなれば、飛鳥、佐田坂も交通量の減少になるのでしょうか。
こう言えば、昔、紀宝町のお百姓さんから、成川ー新宮の渡しがあり、熊野大橋の建設工事に入ったというお話しを聴いたことがありました。
時代は巡りますね。


Commented by スパイク ミズノ at 2013-11-13 14:02 x
ミズノのサッカースパイク


<< 熊野の旅 短い川 長い川      熊野の旅 高波と潜堤 >>