人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 17日

熊野の旅 梅雨と災害

 毎年、大なり小なり梅雨時には災害が起きます。
 今年は春先にも災害が起きていますが、その原因の一つに昨年の台風12号関連水害の復旧が出来ていないこともありました。
 目下、災害復旧工事が行われている所ですが、「水害の場所」は基本的に水に弱く、梅雨時などは中断しなくてはならない事が多いのです。
 土砂の排除などは増水期前に急ピッチでやれますが、護岸などはせっかく基礎堀してあっても、型枠をはめてあっても、増水すれば全て無に帰します。
 工事も小規模・短期間で終わる物は何とかなっても、長期間かかる物は業者不足もあって次の渇水期待ちという場所もあります。
 住民としては、災害箇所が復旧されていないのが目の前にあると不安が消えません。
 しかし、全国に報道されるほどの災害になると半年とかではとても手当てできません。
 災害査定が出る前に、「二年はかかる…緊急で無い所は我慢して貰うことになるかも知れない…」と、住民の方にはお話ししたりして居たのですが、日にちがたつと・・・
 「私ところくらいなら、まだましな方なので直して貰えるのなら待てるよ。」と行っていた人も…
 「まだ出来んのかいのう?」に変わってきます。
 梅雨に入ってきましたし、台風が発生し始めましたしね。
 気持ちは分かるのですが、無理な部分もあります。
 「文句を言う人優先」「コネ優先」という手法も世の中にはありますが、大嫌いですしねえ…

 災害復旧が多いからと言って、通常の土木工事を全部止めると言う訳に行かないのが「予算」という不便な枠組みです。
 それに、これは全国どこでもそうですが、災害に遭わなかった所の人の関心事は身の回りの道路や会館などの不急の改良や新設事業の方なのです。
 お役所の方(首長)も、新しいのをやる方が広い意味では人気が出るので新規事業の「中断」「延期」などは頭の片隅にも浮かばないようです。
 と、言うのも…
 予算の枠組み、成り立ちで、通常の事業と災害復旧では全く違うお金だからです。
 国でも県でも市町村でも「災害復旧費」は全く別枠で、別のお金が下りてくるのです。
 熊野市の予算規模は災害復旧のおかげで二割も増えた「積極予算」とトップの自慢の種なのですからね、
 「気の毒」なんて消えたのかも知れません。

 「激甚災害」という言葉を聞かれたことがあるとお見ます。
 このものすごい冠など欲しくないと思われる方もおられるでしょうが、自治体では、大きな災害が起きると、国がその災害を「激甚」と認めてくれるかどうかに関心が行きますし、認めて貰えるように全力を挙げます。
 同じ災害なら「激甚」が付くか付かないかで、災害復旧費の補助率から災害場所の拾われ方まで変わってきますからね。
 激甚であることを喜んでいる訳では無いのですが、「激甚指定」になるとほっとするのです。
 民間の保険の査定みたいな所があります。
 これが災害予算のからくりでもあります。

 なんだかんだで、災害復旧工事は公平に見れば順調に進んではいるのですが、不満を解消することは不可能ですね。
 梅雨をどこかに回すことも出来ず…
 空梅雨なのかどうかも予測できず…
 梅雨の後半には豪雨が起きることも多いし…
 今年の台風は夏前から中国大陸を目指さずに日本列島に来たがるようですし…
 ひたすら、「普通の雨で済んで欲しい!」と祈るしかありません。
 地震と違うのは、そこそこ避難までの時間があることでしょうね。
 そして、我が家は豪雨に関しては100年に一度の物でも安全だと言うことです。
 しかし、昔々はこのそばで「高城川」が海に出ていたこともあるのです。
 人力を加えてこちらには来ないようにしてありますが、千年に一度なんて事になれば水は元のところを通りたがるかも知れません。
 そんな古いことを考える人は居ないのですが、それが自然と言う物です。
 考えないから、水に浸かって当たり前のところに宅地を造って住み着いているのです。
 そして、川は時々、昔通りに領域を確保しに来るのです。
 領域侵犯したのは人間であって。「川は悪くありません」とどこかの証券会社の社長なら言うかも知れません。
 「利水」は出来ても「治水」なんて思い上がったことが本当に出来るなんて思ってはいけないのでしょう。

 それにしても、住宅地から見えていない山の中の対策には皆さん関心をあまり持ちません。
 目の前の護岸を手直ししても、崩壊を始めた山腹が本格的に崩れて土石流が発生すると、台風12号関連水害の時のような穏やかなかん水では無く、激流で全てが流される可能性もあるのですけどね。
 私としては、そちらの方を優先するようにお願いしています。
 目に見える所をやる方が日記撮りにはなるのですけどね。
d0045383_12213086.jpg

  
 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-06-17 12:32 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/16072883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 報道とイベント      熊野の旅 ぜんざい市 >>