人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 26日

熊野の旅 さすがは食い物…出だし良好

 今日のイベントは「東紀州ご当地グルメ大会」です。
 事実上、出店全部が「食い物」です。
 私も以前は木製品を担いで各地のイベントや物産展に出かけていました。
 屋外にしろ百貨店の催し物会場にしろ、食えないものの販売に比べ、「食い物」は強かったです。
 私達の本業の「すのこ・縁台」に比べ、ついでに並べてある、間口45cmほどの「サンマの丸干し」のほうに人が集まりましたからね。
 この傾向は全国共通でしょうね。
 奥さんやお母さんにすれば、この式のイベントに行けば間違いなく「お昼」は作らなくて良いですからね。
d0045383_112750100.jpg

 開始時間が10時30分…市長の挨拶は少し前から始まったようです。
 市長の挨拶の後で、「どうぞ販売を開始してください」と放送したときには、道端ではラーメンなどを食べ終わった人も居ました。
 お金を払って、買い物すれば「投票券」が貰えます。
 会場に置いてある投票箱に放り込んで順位を決めるのだそうです。
d0045383_11372238.jpg

d0045383_11374842.jpg

 上の「サンマ寿司」などはその場で食べられるので投票する人も多いでしょうけど、下の「あぶり」なんてのは、「おかず」にすればおいしいでしょうけど、こんな時の味の評価にはつながりにくいのでは無いでしょうか?
 「鈴鹿のおこげめん」だとか「伊賀の牛汁」だとか、三重県の外郭がやっているイベントなので遠くからの出店もあります。
 こんな時には「催事屋さん」的な業者が居ると出店資材は揃っているし、慣れているので手際よく運びます。
 そして、「プロ」ですから、採算を合わせるすべを知っています。
 そう言う業者のいない所では、にわか仕立てのお店を公務員とか商工会議所とかが段取りして出店します。
 そんな店の食べ物は、イベントが終わると食べることも出来ない…って事もあります。
 「名物」とは言えませんね。
 500円の焼きそばを200食売って10万円の売り上げです。
 遠くまで二人か三人で出かけて…
 場合によっては「泊り」になるんです。
 同じようにやって、催事屋さんは黒字でにわか仕立ては赤字…
 それが商売ってものでしょう。

 人の出だしがものすごく良かった分、午後には息切れするかも…
 それに、イベントでは良くあるパターンですが、「売り切れ・閉店」がどんどん出てしまって情けない会場になる可能性もあります。
 売れるのは結構ですが…
 その辺も、プロのお店とにわか商人との違いが出ます。

 一寸曇ってきましたが、雨は大丈夫という予報です。
 午後からも様子を見に行きます。
 
 
熊野市周辺地図です
 

 

by je2luz | 2012-05-26 11:57 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/15922208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 人でのピークは???...      熊野の旅 ツール ド ・・・ >>