LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 17日

熊野の旅 今が旬 生節

 この辺では鰹を「たたき」にして食べる習慣はありませんでした。
 そして、「女房を質に入れて」まで食べるほど初がつおを有り難がる風習もありませんでした。
 鰹節も高級な鰹節を作る産地でもありません。
 この辺では、「生節」が好まれ、鰹が取れ始めると魚屋では「生節」が積み上げられました。
 
 今では、生節も「真空パック」されたものが主力で日保ちもするし、冷凍も出来るのですっかり季節感が無くなっています。
 こんなのが出来るまでは、茹で上げただけのもの・茹でて少し干したものの二種類でした。
 干したものでも真空パックして身が締ってしまったものと違いもう少しほっこりしたものです。
 茹で上げただけのものは包丁など使わずに、手でほぐして食べる物です。
 好みで、酢を掛けたり、酢醤油だったり、醤油だったりを掛けてご飯に載せて食べます。
 酢の物に入れたり、かきまぜ・酢飯の具にしたり、なますの具にしたり…色んな使い方をしました。
 今ほど高くなかったので結構ふんだんに使われた食材でした。
 冷蔵庫が無かったので日持ちしなかったので、食べきらないといけなかったと言うこともあるのかも知れません。
 残ったものをコンロで炙って黴びないようにする事もありましたね。

 この生節は本当なら今が旬です。
 初がつおが終わって、鰹が一杯揚がる旬の時が生産のピークですからね。
 なのに、今では年中作っているし、店先に並んでいるので季節感が無くなっています。
 値段も結構高いし…
 都会の奥様方から見ると、「猫ちゃんの食べ物」らしいですけどね。

 手に入るものなら、「真空パック」では無く、茹で上げただけの、「浜茹で」「朝茹で」とか書いたものを買って見てください。
 ご飯に馴染む柔らかさでおいしいですよ。
 好みの調味料を掛ければビールのつまみにも向いています。
 日持ちはしにくいですけどね。
 熊野の魚屋の通販でお願いすればパックしていないものも送って貰えるかも知れません。
 雑魚l屋かんばやし なんて店もあります。
     http://www9.ocn.ne.jp/~zakoya/
d0045383_1065551.jpg


 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-05-17 10:12 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/15877755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野古道語り部      熊野の旅 そろそろ破竹にサラタケ >>