人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 02日

熊野の旅 雨です

  昨日も降りました。
 夜中も降っていました。
 そんなに激しい雨では無いのですが、梅雨の雨のように根気よく降ります。
 そして、今朝6時頃…
 「紀勢国道事務所および三重県熊野建設事務所からお知らせいたします…」と、放送が始まりました。
 これは道路の通行止めの放送です。
 「国道42号線飛鳥町大又と尾鷲市矢の浜の間、国道169号線五郷町桃崎と和歌山県北山村の間、県道神川北山線?の神上・七色ダムの間は雨量規制により交通止めになりました。」というものです。
 雨は止んでいません。
 一旦規制が掛かると雨が止んで2時間経たないと解除なりません。
 一旦晴れても二時間以内にざっと降ってくるとカウントの取り直しです。
 雨によってはプロレスのフォールのカウントのように中々成立しません。
 この様子では今日一日駄目でしょうね。
 ただし、尾鷲熊野間も海岸沿いの国道311号線は走れます。
 残念ながら、八鬼山トンネルとか立派な区間もありますが、熊野市内でロングボディの車が駄目なところがあります。
 まさにボトルネックです。

 連休の中休みの1日2日の雨ですから行楽への影響は少しだけ少なかったでしょうか?
 でも、「熊野古道」は山道を歩くのが目的です。
 熊野三山へのお参り以上に雨は応えます。
 雨の杉木立は良いものですが、高野山や永平寺・久遠寺などの参道の木立のように足元が整然と敷かれて石畳とか石段では無いですからね。
 松本峠などの売り物の「景色」も全く煙ってしまって何も見えないでしょう。
 雄大・壮大さが売りの眺めですし、形作る七里御浜や那智の山などは20Km30K先のものです。
 春がすみでも見えなくなるのに、視界1Kmなんて状況では…

 私もベトナム・フエで霧雨の中を延々と歩きましたが段々惨めになりました。
 お遍路さんで覚悟の出来ている人なら、「これも仏様から与えられた試練なんだ」なんて思えるのでしょうけどね。
 雨が止んで日が差し出すと…
 「これは仏のご加護だ」なんて思えると良いのですが…
 それに、この辺の雨は「春雨じゃあ 濡れて行こう」なんて言える降り方をしませんしね。
 「濡れてみたいわ 二人なら…」なんてのも歌の世界だけでしょう。

 この雨で明日からの行き先を変更した人も随分居るでしょうね。
 台風の雨のように止むと同時に晴れ渡ると言うことも無さそうですし…

 昨日、新宮往復走ったのですが、中休みの日と言うこともあるのでしょうけど平常よりほんの少し車が多い感じですが、新宮大橋も橋本の信号も停滞無しでした。
 信号を三回も待たせるとこの辺では「大渋滞」って考えます。
 だから、熊野川に三本目の橋を架けて新宮市をバイパスさせようなんて運動をやっているグループもいるのです。
 さらに、高速道路も付けて…
 これが日本の発想ですね。
 「国敗れて山河あり」…ではなく…
 「郷消え失せて道路あり」てえ光景が納すぐ見られるかも…
 老人用電動カート専用車線も作らなくっちゃあね。
 
 雨でどこにも行けませんのでぐだぐだと書きました。
d0045383_11313812.jpg

 11時30分
 県道熊野川線?紀和町内で通行止め が追加されました。
 熊野から本宮へ行く人の一部しか通らない道ですけどね。

 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-05-02 11:34 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/15807042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 薄日が差してきた      熊野の旅 安・近・短 >>