LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 28日

熊野の旅 ゴールデンウィークだそうですね

 今日からゴールデンウィークだそうですね。
 元々曜日に関係ない生活だったので、このゴールデンウィークというものももう一つピンと来ません。
 役所が休みという以外は、道路が少しこむだけです。
 熊野市のようにリタイア組が多いところでは、「連休」なんて実感が湧かない人が多いでしょう。
 昔は「山林労務者」とか「一次産業従事者が多くて、「土日」すらいい加減だったのですが、今だと、「山働き」も「土方」も日曜休みの職場に変わったところが多いですけどね。
 子育てが終わるとますます曜日もどうでも良くなり、ゴールデンウィークも意味が無くなります。

 連休前に「鬼ヶ城の周遊道路」は久しぶりに通行可能になったようです。
 でも、東口への道路は修理中です。
 近年、鬼ヶ城をまともに観光できるときは少ないですね。
 「熊野古道」に行政の関心も移っていますから…
 まして、「津波」なんてのが現実味を帯びてくると、イメージ的に大変です。
 最近言われているような「空前のスケール」となると。鬼ヶ城では助かりませんからね。
 ここだけでは無く、海岸線の名勝、海のレジャーポイントはどうしようも無いです。
 ことに太平洋岸はどこでも命がけって事になりますね。
 でも、東京に居たって、名古屋に居たって駄目なときは駄目なんですから…

 今の時間…土曜日午前10時40分…
 名古屋とか大阪を早朝に出発した車がそろそろ家の前を通過する頃です。
 暫く家の前で車を観察していました。
 他所へ遊びに行く車が多いはずの上りと、入り込み客の多いはずの下りを比べると、あまり変わりなし…
 今日などは下りが多くないと「収支」が合わなくなります。
 こっちから出て行く人は。買い物とかレジャーランドとかで同じガソリンを焚いても使う金が熊野古道歩きの人よりはるかにお金を使います。

 下りの車のナンバーを観察しても、地元の三重県ナンバー和歌山県ナンバーがほとんどです。
 高速無料化の時もこんな状況でしたね。
 無料区間の高速も延びてきたのですが、都会の客を引っ張る要素にはなっていないのでしょう?
 よその人で、紀勢自動車道が出来てきたことなんて知ってて居る人はほとんど居ないでしょうし、「これを機会に熊野へ…」なんて思う人もほとんど居ないでしょう。
 こちらでは、部分開通すると報道されますから、松阪だ名古屋だ…と出かけるきっかけにはなるようですけどね。

 昨日、「産田神社」へ写真を撮りに行きました。
 「花の窟神社」は新しい観光施設が出来たばかりなので車も人も居ましたが、セットのはずの「産田神社」には観光客は居ませんでした。
 そばの市道も産田橋が落ちてしまってまだ直っていませんからね。
 バスも止まったままなんですから、あまり来ないでしょう。

 観光は「産業」だという考えですから、金を使わせるところにだけ人が来れば良いのかも知れません。
 謂われなどをよく知っているとか、「気」なんてのを感じ取る人以外には、熊野市の霊場は見るべきものなどありませんからね。
 分かって貰うことなんて不可能に近いものが売りなんです。
 実在するやら居ないやら…
 古代信仰だと言いつつ、新興宗教と同じように「信じるものにしか分からない」ものですから…
 今はやりの、「パワースポット」だと「有名な霊能者」に言って貰って、ネットやワイドショーやおちゃらけ番組で放送して貰えば、「かわいい女の子」が沢山来るかも知れませんね。
d0045383_1141713.jpg

 私が産田さんに行ったのも、カメラのテストってことなんで信心深い訳でも無いんです。
 何もない小さな鎮守様みたいな神社ですが、「いいところ」です。
 縄文時代から人が住んでいた所ですから、「火の神様」が生まれたのも本当かも知れませんよ。

 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-04-28 11:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/15787989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 なんだかなあ…      熊野の旅 井戸川災害復旧工事 3 >>