人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 16日

熊野の旅 高速道路延長へ

 高速道路「紀勢自動車道・紀勢兼」ー「尾鷲熊野高規格道路」で日本でも一番おしまいの方の高速道路が熊野に近づいています。
 尾鷲市は「通過都市」になるのが嫌で市内区間を遅らせて抵抗していますが、途中で強制的に車を下ろす区間も繋がれてしまうようです。
 そして、熊野市も入り口の大泊で暫定的に終点になっている高規格道路も新宮までの延長が決まったようです。
 作っても高速道路が必要なほど車も無いし運ぶ物は無いのですが、今の日本国は金が無かろうと必要が無かろうと「高速道路を作ってくれ」という勢力が強いですからね。

 尾鷲も取り立てて「尾鷲に用事のある観光客」のいない所ですから通貨都市になりますが、熊野市も似たり寄ったりです。
 鬼ヶ城はあるし、花の窟神社・産田神社もあるし…松本峠や大吹峠も…と言う人も居るでしょう。
 でも、わざわざこれを見に来る人が遠くに住む人でそんなに居るでしょうか?
 宿泊先の勝浦周辺には「速玉大社」「本宮大社」「那智山」と熊野三山があります。
 熊野古道もあっちがご本家…
 ・・・なんですよね。
 どこでも高速が出来ると小さな観光地は閑古鳥が鳴くんです。
 10日も半月ものバカンスを愉しむ習慣は日本にはありません。
 「一泊二日」「二泊三日」が日本の旅行の定番なのです。
 外国に行っても10日(正味8日)で三カ国なんて普通です。
 『狭い日本 そんなに急いで どこへ行く』 何て標語もありましたが、兎に角急ぐんです。
 『旅』では無く「すごろく」???双六なら「一回休み」とか「もどる」がありますね。
 「スタンプラリー」みたいなものでしょうか?
 点と点の目的場所を駆け足で…
 「西国88カ所」だってそうですし「西国33カ所」「千願寺」なんだかんだと昔から好きな形ですからね。

 着工と完成は何時か分かりませんが、大泊から二本ほどトンネルを掘れば熊野を通り過ぎて、国道42号線ボトルネックの区間を避けられます。
 バイパス工事なんですからはじめっからこの区間を過ぎるまで作って当たり前だったのです。
 でも、この区間を過ぎるときには「鬼ヶ城」「大吹峠」「松本峠」「獅子岩」「花の窟神社」…全部通過しています。
 もうすぐオープンする「お綱茶屋」…もうすぐ工事に掛かる「鬼ヶ城センター」もかすりもしない場所になります。
 それでも、どでかいのを作ると言い張る人がトップに座っています。
 市長って良いですよね。
 想定しないでおけば、想定外の変化には責任なんて取らなくても良いんですから…

 まあ10年ほどは掛かるでしょう。
 でも、通過都市になることは間違いありません。
 「わざわざ」ってことをさせるのは至難の業です。
 テレビで「すごく流行っている」なんて所に行っても私が行くときに限ってでしょうけど人が居ませんからね。
 焼酎なんてけちな「特区」では無く「ばくち特区」「風俗特区」でも取らないと・・・
 「ばくち特区」は他所様が取るでしょうけどね。

 通過都市で立ち寄りにくくなる前においでください。
 今なら熊野の観光地は全部道のそばです。
d0045383_1048347.jpg


 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-04-16 10:59 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/15730445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 暴力団排除条例      熊野の旅 地元で買うのが難しい特産品 >>