LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 01日

熊野の旅 卯月 新年度 浮かれる気にはなれない

d0045383_915513.jpg

 2012年3月31日午後4時過ぎ・熊野市駅前

 役所で言う年度末、平成23年度の事業が終わって…の日のはずですが…
 なのに、駅前がこんな状態です。
 完成期日は3月28日なんですけどね。
 完成見込みが無くなったので、小型重機などは広場の片隅に片付けられています。
 駅舎を出たところから舗装も無く、布状のマットを敷いたまま…
 人が一番通るところにはこんな地道の所も・・・
 なのに…
 駅利用者向けの「ご迷惑をお掛けします」の看板もありません。

 地下街を作る訳でも地下鉄が走る訳でも無いのです。
 小さな噴水を作って、道をわざわざカーブさせ、大金を払って一部を石畳にし…
 一年を超えて工事したのに出来上がらなかったのです。
 「駅前をきれいにして観光客呼ぶ」…
 なんとも、昭和20年代か30年代の発想ですね。
 「花一杯運動」「国際姉妹都市」…就任してすぐにやったのがこれですから、そんな時代の発想なのでしょうね。
 70代のじいさまでは無いんですよ。
 これが「観光立市」の実態です。

 この広くない広場で、一大イベントが計画され、それまでには工事を終わらせたいようです。
 利用者では無く、「イベントまでに…」もおかしな話です。
 直接予算だけで542万円というイベントをやるのですから、主催者だけで一杯になるでしょう。
 そして、早々とタクシーなどには当日は出て行けという指示が出たそうです。
 乗降客も肩身が狭いでしょうね。

 『どうしてもやるのなら、迷惑を掛けないでやって貰いたい』
 と、私は公式の場でお願いしておいたのですが…

 昨日も南海トラフの地震と綱物予想速報が出ましたが、この予測が出る以前、更にその前の三重県の予測より先に津波のときの避難路確保を要請しているのですが、そちらは不熱心です。
 市民よりよその人…
 住民安全より観光施設…
 非常備蓄よりはイベント…
 頭の中は遊びで一杯!
 非常事態なんて片隅にも無いことが立証された当初予算…
 凍結する気も組み替える気も無いと言い切ります。
 これも公式発言なのです。

 ここまで自治法や地方公務員法の精神に反する事をやられると、春だから・・・新年度だから・・・などと浮かれる気にはなれません。

 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-04-01 09:16 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/15656378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 間に合った 小森の桜      熊野の旅 春 桜事情 >>