人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 29日

熊野の旅 懐かしい町並み…

 テレビでは、結構若い人でも古い町並みとか遊びとかを見ると、「なつかしい」と言わなくてはならないように言いますね。
 そして、番組の趣旨次第では、同じような物を「知らん!」と言って時代の断絶を見えるようにします。
 どうせ、やらせなのですけどね。
 でも、ある程度はドラマや写真などで見たことのある物から「原風景」という物が形成されているようです。
d0045383_1020386.jpg

 こんな町並み…
 大正から昭和にかけての町並みなんです。
 最初はひょっとすると「杉皮葺き」だったのかも知れません。
 と言うより、木本のこの家の規模だとそうだったでしょうね。
 
 こうしてみせると、「素敵な町並みですね」という人が多いです。
 人によっては、「宣伝すれば観光資源になりますよ…」なんてまで言います。
 でも、こうした町並みは「空襲」に合わなかった町ならどこにでもあります。
 それも、再開発とかに乗れなかった場末の路地裏にです。
 同じ町の人でも足を踏み入れる機会の無い所って一杯ありますからね。
 空襲で焼かれた東京でも燃えなかった一角とか、戦後すぐに再建された町ではゴロゴロしていますね。
 私が下宿していた高田馬場の裏通りなどは同じような木造の家やアパートが未だにひしめいていますからね。
 山手線で行ける都心にでも一杯ある光景を「観光資源」に仕立てるのは半分詐欺的な物かも知れません。
 渡海の人でも行ったことがないのですから、見れば「懐かしい」って事になるのでしょうけどね。

 こうした町並みは機銃掃射しか受けなかった木本には残されています。
 ことに、漁師町の親地町はそんな町ですね。
 でも、あまりにも玄関先を通るので、夏などは家の中が丸見えです。
 隣近所は親戚・家族みたいな生活を送ってきた町ですから、それでよかったのですけどね。
 紀伊長島の漁師町は観光で売り出していますが、やっぱりそうした問題は起きているようです。
 おじいちゃんおばあちゃんでも生活は見世物では無いですからね。
 私なら気楽に写真を撮らせて貰える人も沢山居ますが、あえて写真にはしていません。
 結構、「絵」になるんですけどね。

 
熊野市周辺地図です
 


 

by je2luz | 2012-02-29 10:39 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/15502988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 鰤は??      熊野の旅 木本発祥の地 親地町 >>