LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 22日

熊野の旅 七里御浜で食べられそうな物

 七里御浜は元来松原です。
 今では・温帯帯性の雑木林になってしまっています。
 下は細かい砂利です。
 河口付近とかでほんの少しだけ砂に近いところがあるだけで、ものすごく水はけが良いところです。
 長年掛かって植物が自分たちで腐葉土などを作り出して少しずつ住み良くしてきたようです。
 植物で覆い尽くされた部分は天気が続いても少し掘れば濡れています。
 日照りになればどこまで乾くのやら…
 おそらく植物はうんと根を下ろしているのかと思います。
 でも、深く入って行けば潮気があるだろうし、大変なところですね。
 毎日潮風は吹くし…
 高波の時には波が来る場所もあるし…

 そんな七里御浜の防風林の中には色んな植物がありますから食べられそうな物も生えています。
 暖かいのですし東から南の開けているのだし…
 山草採りに向いている地形・気候なのですが、土がないというようなところで潮風も強いので野山のような訳には行きません。
 今の時期、足元を眺めながら歩いて目につくのは…
 「浜大根」「ヨモギ」「オオバコ」「つやブキ」位の物ですね。
 場所によっては「ワラビ」と「ゴンパチ」は出てきます。
 土筆とか蕗の薹はほとんど出ないでしょう。
 やっぱり山草は山の方が良いようです。
 同じ海岸でも砂利が積み上がったところと、陸が削られたところでは違いますからね。
d0045383_953972.jpg

 こいつが「浜大根」と呼ばれている物ですが、どう見ても栽培種の大根が野生化した物みたいです。
 葉っぱの根元が紫っぽいのとか、葉っぱにとげとげが多いのとか色々あるようです。
 採って食べてみる気にはなりませんが、栄養分の多そうなゴミなどの多い場所では生き生き元気です。
 もうすぐ、普通通りの「大根の花」を咲かせます。

 ヨモギやオオバコを天ぷらにして…この大根で大根おろしを作って…
 メニューとしては成り立ちます。
 誰か作って食べてみてください。
 ことに「浜大根」の方をよろしくお願いいたします。

 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-02-22 10:02 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/15469090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 昔の話      熊野の旅 錦の御旗 >>