人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 16日

熊野の旅 小船梅まつり

 昨年の台風12号関連水害で開催が危ぶまれていたイベントですが、開催されるようで日にちも決まったようです。
 熊野市紀和町小船なんて言っても熊野市の人もあまり知りませんし、ほとんどの人は行ったことも通ったこともありません。
 山間部でも飛鳥や五郷は東京や大阪に行く途中で通るところですがあのあたりはそうしたルートから外れているのでわざわざ行かないと…と言うところです。

 日時は3月4日日曜日 午前9時から午後3時まで
 場所は熊野市紀和町小船 
 出し物 物品販売とステージの出し物色々

 詳しくは「東紀州ほっとネット・くまどこ」に出ています。
http://kumadoco.net/news/view.cgi?no=2554

 ルートは紀和町板屋経由でも良いのですが、山道が苦手なら新宮市から国道168号線で熊野川を遡り、三和大橋渡るルートの方が良いでしょう。
 こんな機会でもない限り訪れることはないでしょうから是非出かけてみてください。

 と言うことなのですが、熊野市の方の観光協会のHPなどでは今年の予定は出ていません。
 「毎年二月下旬から三月上旬の日曜日」などと言う記載なんです。
 「観光立市」を叫んで多大なハード面などの投資をする割に…

 私も昔々、色んなルートを走ってみたりした頃に二・三度通りかかったことがある程度で「梅まつり」は見たことがありません。
 主催者発表でしょうね、毎年三千人から四千人の来客があるとか…
 和歌山県側からも…とありますが、地形から言うと外来の人は和歌山県の人の方が多いでしょう。
 桜ほど華やかではないですが。梅の方が香りは強いですね。
 水戸の偕楽園ほど整備された梅林では無いと思いますが、農園ですから入場料もないし…
 ぜひ見に行ってください。

 道すがら、熊野川や北山川、十津川の岸辺を眺めれば台風12号の時の水位が分る場所が一杯あるはずです。
 168号線自体が冠水したところもありますからね。
 道端で、建物の跡がある所など、過疎で取り壊したのではなく大水で壊された物です。
 明治の大水害以来の物で、川の怖さが分ると思います。
d0045383_11324485.jpg


 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-02-16 11:36 | 熊野 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/15440021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 無し at 2012-02-16 16:54 x
最初の文章は必要ですか?大きな被害を受けても、地元が力を合わせて頑張ろうとしている地域に失礼だと思います。
事実だとしても書くべき文章ではないと思います。地元に失礼です。
本当に市議会議員という役職の方ですか?見識を疑います。


<< 熊野の旅 小森桜祭り 紀和町      熊野の旅 あれから半年になって... >>