人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 29日

熊野の旅 もうすぐ春です

 昨日「寒ブリ」を書いたばかりですが、もう、今週末、二月四日は立春です。
 これからが寒い時なのですが、「立春」という言葉の響きは良いですね。
 現に寒くても陽は長くなっているし日射しもも強くなっています。
 そろそろ土筆も蕗の薹も顔を出すでしょう。
 日だまりのレンゲも…
 そして、そうこうしているうちに食べ損ねた大根にも花が咲き…

 春の前、二月二日には「花の窟神社のお綱掛」があります。
 寒いのでついつい写真を撮りに行かないのですが、風さえ吹かなければここも陽だまりなんですけどね。

 神事の開始は午前十時だと思います。
 ものすごく混むなんてものではありません。
 近隣の人たちと、花の窟神社の信者らしくよその人、マスコミとカメラマン、少しの文化人…と言った顔ぶれです。
 そんなに広くない神域に十分入れますからね。
 200人?も居ない感じです。
 それでも、最前列にでるには少しだけ早いほうが確実ですね。

 祝詞奏上・浦安の舞・玉串奉奠などがあり、奉仕作業の男衆が白装束で山に登り、道綱のロープを投げ下ろしてしめ縄を引き上げてから「お綱掛」が始まります。
 国道を横断させ浜に綱が出されると参拝者が引っ張って、綱を張ります。
 昔は「松の枝」に掛けたのですが、随分前に松が枯れて以来コンクリートの柱の天辺に掛けています。
 代わりの松は育っていません。
 松の生育には向かないような混載で足元がふさがれていますから、ひょっとすると育つ前に松食い虫の犠牲になるかも知れません。
 松の足元はきれいに掃除して松の独壇場にしてあげないといけないのだそうです。
 それでは神域が丸見えになるので雑木を除去しないのでしょうけどね。
 ずっと前に提言したこともありますが、変わりませんね。

 今は鳥居の向かい側に売店が新築中です。
 駐車場もつぶされているので少し離れた臨時駐車場になって居ます。
 「立派な」土産物売り場が出来ます。
 「年中無休」に近い形で店開きするという当初計画は聞いています。
 正確な事業計画が提示されないので詳しくは分りません。
 今年度中には完成すると思いますから、「縞の財布」が空になるほどでは無くとも、うんと土産を買って帰ってください。
d0045383_10152997.jpg

 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-01-29 10:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/15344103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 三重県立木本高等学校...      熊野の旅 寒と言えば… >>