人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 26日

熊野の旅 前鬼の山に雪が掛かると…

 熊野の山間部、飛鳥の辺では、「前鬼の山に雪が掛かると寒い」と言われてきました。
 「前鬼」とは大台山系にある山伏の修行場でもあった所です。
 集落もあったそうですが、今はもう無いと思います。
 飛鳥の一部からほんの少しだけその辺りの山が見える所があります。

 大台山系は1000mを越す高い山がありますから、雪が積もります。
 海からも遠いので寒い所ですね。
 そして、寒波が来ると最後の雪を全部引き受けてくれます。

 この山塊に雪が掛かるとその後からは、雪の頂を越えてくるので季節風がうんと冷たくなります。
 海岸線の木本ではその風を直接受けないのですが、温度の影響を受けますからやっぱり寒いですね。
 少し寒さの質が変わるという感じです。
 同じ海抜でも、井戸川沿いになると川伝いに瀬戸奥w越えた大台山系からの風が吹いてきますから、風も強くなり「体感温度」がぐっと下がります。
 この二日ほど前から、「前鬼の山」は真っ白です。
 しばらくは溶けそうに無いですね。
 と、言うことは…
 しばらくは寒い日が続くのでしょう。

 こんな季節でも、東から南に向かう斜面の熊野古道・大吹峠や松本峠などは季節風を受けないので日だまり状態です。
 中辺路のような山間部だと霜も降りるし道も凍る日があるでしょうけどね。

 そうそう…
 又々鬼ヶ城への道路が閉鎖なって居るようです。
 工事の関係もあって、一番メインの鬼ヶ城東口から千畳敷への通路が通れないようです。
 これが再開されるまでは鬼ヶ城観光は全く出来ません。
 周遊路も通れることの方が少ないし…
 世界遺産では無いし、古くからの観光地だし…
 お役所からは古女房のようにないがしろにされている感じです。
 「観光」を言うなら「駅前の噴水」よりは「鬼ヶ城」の方が大切だと思うのは私だけでしょうか?
d0045383_929340.jpg


by je2luz | 2012-01-26 09:33 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/15329681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 温州が終わって…      熊野の旅 今年はサンマが高い >>