人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 29日

熊野の旅 もうすぐ春?

 今年も今日を入れて三日です。
 その次の日は「春」ですね。
 年賀状には「迎春」なんて書きますからね。
 もっとも、「1月になると春」というのは旧暦の話ですね。
 その旧暦でも1月1日は二月です。まだまだ春という気分にはなりませんが、日は随分長くなって植物は春の準備を整えますからね。
 寒い寒いなんて言っているのは人間だけかも知れません。
 そして、昔の人はその「春の息吹」とやらを感じ取ってその時期を年の初めにしたのでしょう。
 中国にしろ日本の都にしら結構寒い所ですからね。
 これでもっと暖かくて四季の無い所で人類が繁栄していたら、単純に太陽の動きだけで暦が決まったのかも知れません。
 冬至の明くる日が新年の方が自然ですからね。
d0045383_1051931.jpg

 今から一番寒い「寒」を迎えるのですが、葉っぱ一枚無い桜の木も…
 「うん!そろそろ日差しが強くなってきた。」
 「あと少しの辛抱だ!」と思って?いるのでしょう。

 今年は「小森の梅まつり」「神川の桜祭り」も中止になりましたが、来年は「小森の梅まつり」の復活は決まったようです。
 この桜は「神川」のものですが、ここの桜祭りも無事に復活するのでしょうか?
 年寄りが多いですから、一度休んで腰を掛けちゃうと立ち上がるのも大変でしょうからね。
 この木の新芽とつぼみが動く頃には決まると思います。

 神川の桜は厄介者の「電源開発」が敷地内に植えた物が多いのです。
 残してくれたのは、「水の流れない七色峡谷」「腐りがちなため水」「下流域の河床の上昇」「海岸浸食」「集落の分断」・・・ろくな物は無いのですが、「桜」だけがまともですね。
 因果関係は無いと言うことになっていますが、「台風12号」の下流域の大水害もダムが一枚かんでいると思われます。
 でも、原発よりはましでしょうね。
 電源立地交付金は少ないですけど…

 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-12-29 10:21 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/15184642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 おかえりなさい      熊野の旅 歳末朝市 3 >>