LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 13日

熊野の旅 木本祭 元気だねえ…栄町のおじさん達

 祭列の中で賑やかなのは鳴り物の「新田・元宮太鼓」ですが、大人の元気が良いのは「栄町・よいや」です。
 宵宮と本祭りのお宮さんまでは台車に乗せて子供が引っ張りますが、御神輿と一緒になってからは担ぎます。
 子供四人を載せた布団を頭に乗せた輿を御輿のように担いで練って歩きます。
 時々、「よーーいや」の掛け子レトともに腕を伸ばしてさし上げます。
 この担ぎ手は栄町のおじさん達です。
 もっとも、今は栄町に縁のある人が井戸や久生屋から応援に来ているようです。
 しかし、若い衆ではありません。
 おじさんの域に達した人ばかりですね。
 神社の御輿の担ぎ手が足りない時代なのですから仕方ないでしょう。
d0045383_803445.jpg

 この「よいや」も一時期は「担ぎ手が居ない…」と、言う事で全行程を台車に乗せて引いた物です。
 しかし、「ヨイヤ」のいわれとなった、「よーーいや」のかけ声は、輿が担がれて、担ぎ手ががんばってさし上げるときに掛かってこそ似合う物です。
 引っ張って優雅に進む台車の上で稚児さんが立ち上がって「よーーいや」と叫んでももう一つ迫力が無いのです。
 一枚目の写真では輿の中で子供が立ち上がって、「よーーいや」とかけ声を掛けています。

 「担ぎ手が居なかった栄町」のおじさん達が一念発起で本町通りは昔通りに担ぐように戻したのは数年前ですね。
 それ以来、ずっとがんばっています。
 がんばらないとあの輿を担いで空高くさし上げられません。
 当然、子供を乗せた輿を担ぐのですから酔っ払う訳にも行きません。
 だから、さわやかですね。
d0045383_7561529.jpg


 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-10-13 08:05 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/14747062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 出番の少ない舞姫 木本祭      熊野の旅 今年も無事に巡行 新... >>