LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 29日

熊野の旅 波田須と波田須アートフェスティバル

 昨年からなのかなあ・・・
 波田須で「波田須アートフェスティバル」なんてのが行われるようになったのは…
 波田須に住み着いている、音楽家?夫妻が音頭をとって、「世界的フェスティバルにする!」などという壮大な計画をぶち上げたものです。
 在来の祭には冷たくても、こんなものには弱い行政は、少なからぬ補助をつけました。
 全国で色んなことをやりながら食べてきた人ですから、企画作りなどはお手の物でしょうね。
 どういう訳か「花の窟神社」のお綱掛け神事にシンセサイザーの音楽とアクロバット的な踊りを組み込ませちゃったほどの営業力がありますからね。
 新聞社などもずらりと協賛企業で名を連ねています。
 去年は初回だったので、少々もめながらも波田須の区も住民も協力しないといけないかなあ…と、思ったようです。
 でも、いわゆる「文化人」と典型的な田舎の老人ではかみ合いません。
 やってくる出し物は「アーティスト」…私などは知らない有名な人やグループのようですから集客力もそんなにはないし…(波田須の人はほとんど知らないでしょう)
 そんなこんなで、主催者はそれなりに満足したようですが、じいちゃんばあちゃんには訳が分からないままだったようです。

 そして、今年も、台風12号のあと、9月17日(土)~25日(日)に開催されました。
 去年、このイベントに疑義を挟んで一部の人に叱られましたので、主会場ではない波田須小学校を訪れ、会場外から主会場を眺めていました。二回ある連休のうち最初の方の日曜日・19日昼頃です。
 一時間あまりいましたが、展示会場でもある波田須小学校に見学者が来たのは一組のアベックだけでした。
 主会場の方も眺めていたのですか、その時間には車の出入りは無し…
 暇だから近所のおじさんなどに声を掛けてちょっとだけ話を聞きました。
 「去年は協力したけどもうできん!」と声を荒げ、「まあ見てくれんし…」と、その理由になる個人の所有物を見せてくれました。
 破損しても一言も無かったとか…
 さもありなん…今年も小学校は展示会場になっていましたが、全く管理がされていない無い状態でした。
 私は写真を撮るのには好都合でしたけどね。
 「波田須区も協力していることになっているみたいやけど、上の人が勝手にやとるんやろ?」と、言う人…
 でも、公式にはそうでは無いのでしょう。
 市役所には格好付いた企画書と報告書が上がって行くでしょうからね。

 去年これに関連してここにも書いた「ふるさと協力隊」??の女の子のことでも、引き上げて行く10日ほど前でも担当課では「評判も良いし、本人もやる気ですから、このまま延長で残ってくれると思います」と言っていたのです。
 私のような部外者でも、逃げ出すとは言いませんが「引き上げて行く」のは知っていました。
 でも、帰る準備しつつも、市の方には直前にもきちんとしたレポートは出したそうです。
 仕方ないのですが、役所ってそんなところですね。

 このフェスティバルも、「盛況のうちに終了」と言うことになっているのでしょうね。
 全国から集まってくる、アーティスト仲間の数だけでも十数人の見物人は居るでしょうからね。
 地元に関係なく、「夏合宿をやっている」とまで言うと言い過ぎでしょうけどね。
 全国から集まっているのに「入場は無料」…これをやれるのはすごい営業力です。
 市もその営業力を利用すれば良いのに…て位です。
 でも、役所だと「使う」より「食らい付かれる」かな?

 悪いことに、今はやっていない波田須保育所は主会場の隣で、このフェスティバルに貸し出されていたか…
 「あんな所を使われたらわし逃げるとこもありゃあせん!」…
 いかにもよそから来た文化人…波田須こそほとんど被害はありませんでしたが、熊野市中がごった返しているときですから、イベントを開くのは良いにしても少しくらい配慮しないと…
 すぐ後には台風15号で住民は震え上がっていたし…

 でも、こうした人は形の付いたサポートをやるものですよね。
 何をやったかは分かりませんが、たぶんね。

 で…
 来年も補助金つけて、このフェスティバルをやるのでしょうね?
 地元の祭などは消えようとしているのに…

 でも、熊野という所は色んなことで声を上げる人がほとんど居ないんです。
 「いや事言うたら嫌われる…」 と言う発想です。
 そのくせ文句は言うのだし…
 そして「いや事」を言う私のような人間の味方をしてくれる人は少ないんです。
 施政者はやりよいでしょうね。
 よそでは、「いらん図書館を作った」と言うことでリコールも起きているくらいの時代なのにねえ…
 住民のサポートが無ければ議員なんて関西で言う「いらん事言い」という事になっちゃいます。
 家で言ったも、上には聞こえません。
 つまり、行政の方向はちっとも変わりません。
 お代官様がお殿様に…そして、今じゃあ世に言うところの「天皇」に成ろうとしています。
 どこのお代官様かは言いませんけどね。
 「失礼な!」と言われそうですね。
d0045383_10402824.jpg

 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-09-29 10:40 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/14655980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by situreina at 2011-09-29 12:35 x
失礼なですか。 
どこでも同じですね。
Commented by je2luz at 2011-10-02 15:27
 売り込みのうまい人には勝てません。
 そのうちに、有名ですごい人らしい…に成っちゃうんですよね。


<< 熊野の旅 せっかく原発を拒否し...      熊野の旅 岬の学校 波田須小学校 2 >>