LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 25日

熊野の旅 秋空の下・・・木本小学校運動会 1

 澄み切った青空とは言いかねる、ひょっとしたら一雨来るかも…というような雲のある天気ですが、熊野市立木本小学校と木本幼稚園、木本保育所の合同運動会が行われています。
 近隣のみならず、全国でもたくさん運動会が行われているでしょうね。

 二週間も早くやって、ばたばた倒れる児童がでてニュースになっていましたが、どうしてあんなに早くやるのでしょうね?
 昔の子供のように、夏井休み中炎天下で遊び回っている子がほとんど居なくなった今の都会っ子に、残暑の厳しい9月上旬に運動会しろって考えが分かりません。
 学校のカリキュラムだとか行事予定だけで決めたのでしょうね。
 夏休み気分が抜けないで、勉強になりにくいうちに運動会も済ませちゃおう…
 そんなのに、誰も疑問を持たないのでしょうか?
 「何か言うと先生に子供がいじめられる」と言う強迫観念を持った父兄もずいぶん前から見かけられます。
 その逆で何でも学校の性にするモンスターとかも居るし…
d0045383_11191341.jpg

 かつては入所希望者が定員よりはるかに多くて、入所資格を得るための偽就労証明書が横行した木本保育所ですが、今では子供も減ってしまっています。
 それでも、三学年分ほどが一緒に行動するので「団体」に見えます。
 運動会も保育所単独で行って、狭い保育所の運動場は見物人でごった返したものです。
 更に昔になると、この木本小学校の児童数が1500人ほど居ましたから、小学校の運動会は大変な騒ぎでした。
 二日も前から場所取りをして…家内中、親戚まで弁当持ちで…
 子供の出番は当然少ないので、見落とさないようにプログラム片手に…
 町別対抗リレーなどに出られるのはものすごく足の早い子だけ…
 子供の多かった親地町などは二つに分かれるくらいだったのです。
 いまでは、高学年全員リレーなんてのでないと格好つきません。
 山間部に行くと、小学生から中学生までの全員リレーなんてのがあります。
 選手を選ぶほど子供が居ないんです。
d0045383_11303013.jpg

 この光景は全国共通でしょう。
 ビデオにカメラに携帯電話…
 向こうの方の観客席を見てもらえば分かるように、この辺の小学校では父兄のカメラマンも場所取り競争しなくて良いです。
 私など父兄で無いカメラマンも自由に歩き回って好きなところで前列に出て写真が撮れます。
 「良いですねえ…」と言われそうですが、こう出来るのが困ったものなのです。
 動きがとれないくらいなら、一応「来賓」扱いなのですからテントの下でカメラを構えますけど…

 長男の頃…
 一学年、曲がりなりにでも二クラスあった頃は前列に出るには勇気とテクニックが要った物ですけどね。
 あれから三十年足らずで…
 昔なら、山の分教場並み…「あらあ、三太だ!」の学校と同じくらいになったのです。
 この広い熊野市で生まれる子供が三クラス分ほどなんです。
 南牟婁郡を入れて五クラス分…
 二つの高校が残せ無いのが分かった居るのですけど…
 未だに高校統合の話はタブーのように避けられています。

 そろそろお昼です。
 天気は大丈夫なようです。
 先生方も慌てて進行しなくて良くなったようです。
 
 
 
   ↑↑よろしければ一日一回ポチッと押してください

by je2luz | 2011-09-25 11:48 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/14628621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 昨日で良かった・・・...      熊野の旅 台風12号 被害概要 >>