人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 22日

熊野の旅 取り敢ず13億ほど…

 台風12号の水害に対する激甚災害指定は決まりましたが、この先が結構大変です。
 熊野市の一般会計予算は125億円ほどなんですが、今日上程された熊野市一般会計補正予算(第三号)では、12億5千万円ほど追加がだされました。
 総予算の一割が取り敢ず必要な災害復旧費になります。
 この先追加がまだ出てくるでしょう。
 まだ、設計なんて何も出来ていませんから、まさに概算要求的なものです。
 でも、金を作らないと…

 民間と違うのは、こうした火急の金は補正予算を組めば使えるのです。
 当然のように国の制度に則った補助金頼みですけどね。
 「災害復旧債」なんて分かったような分からないような借金もありますしね。
 「立て替えておけよ…あとで利息と一緒に元本もあげるから…」と言うものです。
 借金の繰り延べですね。
 こうしたやりくりでこんな時をしのぐのなら良いのですが、普段からこうしたシステムで借金をたらい回し、繰り延べをやっているのですから、世界一に借金王国になっても当然でしょう。

 高速道路も漁港も孫の世代まで使うのだから、孫の代に借金の付けを回しても良いのだ!…と、国会議員さんとか高級官僚は言いますね。
 孫どころか今のおじさんから見ても要らない物が目白押し…

 よその町のことですから言っちゃあいけないでしょうが、元々毎年のように水に漬かっていた場所に宅地を造り、少しの家を守るために5億円もかけたおもちゃのような堤防を作って…ばったり倒れて水浸し…
 そして、また、作り直すのだそうです。
 こんなのはおかしいですね。
 そんな場所に宅地を造った人が自己責任で作るべきでしょう。
 水に漬かったことは気の毒ですが、前提が少し狂っているような気がします。
 半世紀、一世紀に一度では無いですからね。
 行政が認可した責任上、法外なお金もかけるのでしょうかね?
 こんなの書いたら叱られるかな?
 そうした公共事業を作るのが「出来る政治家」だそうですね。

 にしても…
 この予算でやるのは、「災害復旧」です。
 基本的には「復旧」で「改善」に向かうことはほとんど無いです。
 この先で、対策事業、改良工事にもって行くのが大変なのです。
 限界集落化したところを放置すると下流では土石流の危険が高まりますし…
d0045383_19131263.jpg


 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-09-22 19:13 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/14612670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 罹災証明      熊野の旅 台風15号通過 2 >>