人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 15日

熊野の旅 激甚災害と被害確定

 今回の水害は熊野市全域に広がり、未だに道路が復旧しておらず、どれだけの被害箇所があるかも本当のところはわからないはずです。
 職員さんも必死で被災箇所把握に走り回っていますけどね。
 それでも、短期間で全部を把握するのは難しいです。
 国土省の方からも調査チームが入って調査してくれていましたから、ほぼ、カバーはしたとは思いますが、この調査の対象は、道路と河川だけだと思います。
 被害箇所が102カ所だと発表され、市長は「詳細に把握できた」といわれておりますが、どこまで詳細なのか…

 未だに不通になった県道などがあるのに、実態は市民に何も発表されていません。
 まあ、市役所が機能麻痺状態で、CATVにもNETにも情報をを出さないのですから…
 従って、市民は今回の水害の被災範囲するわかっていない状態です。
 うわさ、風評が流れていますが当たり前でしょう。

 雨の降り始めはテレビ報道が「熊野市」「熊野市」とやりましたが、災害発生後は紀宝町・十津川村・新宮市・那智勝浦町・田辺市に集中しましたからね。
 被害額は道路・河川だけで10億5千万円と熊野市の被害が三重県内では一番大きいようですけどね。

 今日、恒例の「広報くまの」が配られてきました。
 災害前に印刷されていたもので配達が少し遅れたものです。
 にしても…
 いつも通りのきれいな「広報くまの」「福祉くまの」「県政便りみえ」の定期刊行物と「熊野市暴力団排除条例」のパンフレットだけです。
 忙しいのもわかりますが、水害に関したもの、「罹災証明発行」「被災者住宅」などと言った市民に役立つニュースは紙切れ一枚入っていません。
 行政無線での放送以外には何も出てこない市役所も困ったものです。
d0045383_10151088.jpg

 この被害額は、こうした河川でも護岸の破壊された分と谷が埋まった分だけで、民家などは被害額に入っていないと思うのですが…
 締め切りを急いで漏れちゃうところも出る恐れがあります。
 今年の後半から来年度にかけては、この災害復旧で土木関係も大忙しだし、市の方のお金も例年よりいるようになります。
 それでも、かっこうよく見える観光だとかの予算を振り替えない場合が多いです。
 はたして、今編成中の来年度予算の組み替えをするのやらしないのやら…
 田舎町の「電柱地中化」なんてのはどうでも良くて金の掛かることなのですが…
 県や国との関係が気になるでしょうしね。

 まあ、正式に質問する機会もありますから、もう一度聞いてみますけどね。
 先頃、同じことを聞いたら、剣もほろろって感じでした。
 そのときは災害もなかったし…
 
 
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-09-15 10:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/14562545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 災害と激甚災害      熊野の旅 身内の恥・・・一つ解消 >>