人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 12日

熊野の旅 全くきりが無いほどなのですが…切立

 市内各所の被害状況を見て回り、知り合いの話を聞き、写真を撮り・・・
 一週間やってきました。
 新聞記者ではないので、速報性はさほどいりませんが、場所と影響の大きさはきちんと覚えてこなければなりません。
 一見小さくて、迫力が無く記事にならないような被災箇所でも確実に直さなくてはけないところもあります。
 そうした物の方が役所でも漏れる可能性がありますからね。
 地形や土質、水の流れなどから予測して見に行く箇所もあります。
 慢性的に小さな被害が続いている所もあります。
 大きくやられると「災害復旧」になるし、その先の「防災工事」もやってもらえますが、小さいと駄目なこともあります。
 運動場で転んでちょこっと擦り傷したような感じだと、救急車も呼んで呉れませんし。保健室にも連れて行ってもらえないこともあります。
 でも、一見小さくても体質によっては血が止まらないことや、傷口にばい菌が入るとあとが大変なこともあります。
 やっぱり、きちんと見ておかないといけません。

 今回のように大きな災害箇所が多いと、小さな所は無視されたり後回しになったりする可能性もあるので、気が抜けません。
d0045383_9532582.jpg

 これは中心部の木本町の裏山です。
 スーパーオークワからも見える山の中腹で、道路路盤崩壊が起きて、上の家の足元が無くなり、下の家が潰されています。
 この現場も人的被害は出ていません。
d0045383_9555557.jpg

 道路自体はそんなに通行量の多いものではありません。
 私はタケノコを探しに行くときには通っていた道ですけどね。
 しかし、早く手を打たないとこの家は転落します。
 そして、次の写真のように下には木本の市街があるのです。
 「高城川」と言う急流が住宅街を抜けて、スーパーオークワとJR紀勢線を目指して駆け下っています。
 この崩壊が高城川になだれ込んだら…
 恐ろしい結果が予想されます。
d0045383_1001778.jpg

 今回はそこまで至らなかったので、ほんの少し線路が埋められただけですが、この線路部分で高城川が急角度で曲がっています。
 水はまっすぐ行きたがるのでこうなったのですが、土石流はもっとまっすぐ行きたがります。
 踏み切りの横の暗渠などはすぐに詰まってしまうでしょうしね。
 今回の災害でも、オークワさんが無事だったので、熊野の人が食料や飲料の確保が出来たのです。
 ジャスコさんは冠水しましたしね。
 それだけに、私企業のスーパーなんて・・・とは言え無いのです。
 非常時だって平常時だって、そうした店があってこその市民生活なんです。
 東京近郊の町ではスーパーまで撤退されて田舎並に移動販売車頼りの町があるそうですからね。
 あって当たり前になっていますが、ないと大変なんです。
d0045383_1094648.jpg


  
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-09-12 10:18 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/14541918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 待ってくださいよ! ...      熊野の旅 良くこれで済んだ・・... >>