人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 02日

熊野の旅 台風12号

 形が崩れている台風ですが、雨雲は一人前に引き連れているようです。
 台風自体は大したこと無いのですが、この式のものは遠く離れた所まで大雨を降らしますからね。

 台風はどれもみんな、素人から見れば「すごい台風」と言うような表現がされますね。
 テレビもそのグレードとかを問題にせず、大きさを強調しています。
 大型だなんだと言うより、アメリカのカテゴリー方式の方がわかり良いかもしれませんね。

 テレビの方もまるで荒れても居ない湾の中の風景を恐ろしく荒れているように写して下手な駐在員ががなり立てたり…
 プロレスやF1の中継では無いんですから、冷静に真実を伝えて欲しいものです。
 いつも言うように、騒げば画面が賑やかで盛り上げているように見えますが、その影では「狼と少年」が起きてきているのです。
 馬鹿なテレビが埠頭などで中継するから、もっと危ない防波堤などへ様子を見に行く超の付くばか者が沢山現れて毎回死者が出るのです。
 「こんなことは真似しないで下さい。」と、テロップを入れても駄目なくらい真似をするのが多いのですからね。
 お馬鹿さんな台風など知らない若い人がシャメを撮って自慢したがるのまで出てきます。

 12号も随分西にずれたので波の方は思ったよりおとなしいです。
 高波は台風の進む向きで随分変わります。
 台風が首を振るとすぐに分かるくらいです。
 そして、熊野の海岸では潮岬の影に回りこむとがくんとおとなしくなります。
 風と雨は、潮岬の向こうに入る方がしばらくの所悪いのですけどね。

 今日も一日、どんより暗くて時折り風と雨がやってくる天気が続きそうです。
 昨夜のうちに早々と「大雨警報」が出ていますしね。
 局地的豪雨が降る型の台風ですから5Kmも離れた所の天気は分かりません。
 本当に形の整った台風だとこんなことは少ないのですが…

 きれいな目を持った、きちんとした渦巻状の雲が回転している台風・・・
 離れた所は怖くないけど、すぐそばを通られると生きた心地がしない・・・
 台風の見本のような台風が少なくなっています。
 これも海水温などと関係があるのでしょうね。
 でも・・・
 こんな台風には来て欲しく無いです。
 せっかく紀伊半島は「台風銀座」から外れたのですしね。
d0045383_9205072.jpg


  
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-09-02 09:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/14473808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 牛歩 台風12号      熊野の旅 総合防災訓練 in ... >>