人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 29日

熊野の旅 夏の終わり

 夏の終わりと言う物は少し淋しげなものです。
 日本人にとっては秋は淋しい季節と言うイメージがありますからね。
 因幡晃の歌にもありますからね。
 「もうすぐ さみしい 秋です・・・」

 秋から冬に向い日差しも弱くなるし、陽も短くなります。
 でも、日本は北欧ほど夜ばっかりの世界になるわけでも無し・・・
 まして、この辺では雪国のように冬になれば行動が制約されるなんてことも無いのに・・・
 秋になって葉を落とす木も少ないし…
 それでもやっぱり私は日本人ですから、「秋は淋しい」なんて固定概念にとらわれるようです。
d0045383_9223640.jpg

 この写真は先に書いた今年最後の夏のp夜店です。
 記念通りを通行止めにして行う「夕涼み市」と言う歩行者天国、昨夜は新聞でも「大抽選会」と書いて人気を煽ったし、天気にも恵まれたので、先週に比べ人出は多かったです。
 たまたま、他の用事で全部の時間は見に行けなかったのですが、「大抽選会」の時間には行くことが出来ました。
 一番人が多く、固まっている時間です。
 50mほどの間に固まっているので人数の把握も楽です。
 写真に撮るとこのように盛り上がっているように写せます。
 ほんの少し角度を変えると…
d0045383_931166.jpg

 これがほぼ全景に近いんです。
 テレビのルポや新聞の写真もなるべく上に様なカットを見せますね。
 その方が紙面も良いし、主催者にも良いですからね。
 ヤラセでは無いですからそれはそれで良いと思います。
 
 私は抽選券を持っていませんでしたから、里創人・熊野倶楽部の招待券とか液晶テレビなんて豪華な景品があたりようがなかったです。
 今は地デジ切り替えで皆さん新しいテレビが欲しいですから人気があったようです。
 最近は「中元売り出し」「年末大売出し」も盛り上がらなくなっているので、昨夜の景品は最高クラスでしょうね。
 わが新出町の稲荷さんの夏祭りや松原の竜宮さんの夏祭り、横町祭りでも盛大に抽選会が行われていますから、今では夏の方が物の当ることが多いのかもしれません。
 一般商店の勢いがなくなれば「大売出し」が盛り上がらなくなりますね。
 その商店街活性とこうしたイベントのつながりがもう一つ見えないのが淋しいですね。

  
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-08-29 09:45 | 熊野 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/14445244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 2320 at 2011-08-30 12:17 x
RE 2011/08/29 楽天ブログ 少しだけ大人になりましょうよ

すみません。
楽天ブログのコメント卵に入れないので、
こちらにおじゃまします。
LUZさんと全く同感です。
これからも読ませてください。



<< 熊野の旅 夏休みと世界遺産熊野古道      熊野の旅 今夜で夏は終わり? >>