LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 31日

熊野の旅 木本町 文字岩

 木本節にも歌われた漢詩を刻んだ岩が木本町の山手にあります。
 大きな露出した岩に深く掘りこまれたものです。なんだか中国のような雰囲気です。
 文字にいわく
 鷺去徐仙子
 深入前秦雲
 借問超逸趣
 千古誰似君


 驚き去る徐仙子 
 深く入る前秦の雲 
 借問す超逸の趣 
 千古誰か君に似たる
寛政7年(1795)伊勢久居の医師橘南谿(たちばななんけい)の詠んだ詩を刻んだものだそうです。無断でこんなものを刻んだかどで刻ませた木本の医者がお代官様にきつくしかられたそうです。200年以上経過したものとは思えない鮮明さです。
 この文字岩を含め、秦の徐福の足跡などは中国語のHPにも記載されています。
三重县

与和歌山县一河之隔的三重县,亦有众多的徐福遗迹,但大都集中在太平洋岸边的熊野市:熊野市的丸山脚下的“矢贺”海岸,传说是徐福登陆地;在熊野市丸山上,又有一座徐福墓;丸山徐福墓碑旁边有一木制小屋,内砌石台,供徐福石像,是为徐福宫;熊野市波田须町有波田须神社,奉祀的是徐福,内藏-陶磨钵,传说为徐福烧制;在丸山不远处的少林寺内有一古钟,铭文中有“秦栖”字样,指为秦人居住之地,因而可证明此地原名为秦栖,后改为波田须;熊野市木本町的成华山山坡上刻有三行草书汉字诗:“警去徐仙子,深入前秦云,借问超逸趣,千古谁似君。梅花仙子题。”歌颂徐福伟业,这就是“文字岩”。波田须乡民至今仍深信自己为“徐福先生”的子孙,有“氏神祭典”民俗,在每年11月5日举行。

在久保泉有丸山遗址,由绳文时代晚期到弥生时代前期(公元前3-5世纪)的墓地、5-6世纪的古墓群组成。绳文时代晚期到弥生时代前期的墓有支石墓、瓮棺墓、石棺麓等约130个。其中支石墓最多,发掘出100个以上。从支石墓中出来的绳文时代晚期的陶器中有着米糠的痕迹,由此可以断定从这个时期就开始了稻作。

などと書かれ、波田須の徐福の宮なども詳しく書かれていますが、この文章は読めません。波田須の徐福の宮の11月5日の祭りは分かりますが・・・


カメラは イコフレックス2a

by je2luz | 2005-07-31 03:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/1424571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 古道歩きの食べ物 1      熊野の旅 御浜小石 >>